TOP >> 院長日誌

院長日誌

2002.06.30 学会・セミナー ホワイトニングについて

最近、歯を白くしたいという患者さんが増えています。

矯正専門の先生の中には10年以上も前からブリーチングを行っている先生がたくさんいらっしゃって、今まで「広先生はどうしてやらないの?」と聞かれることが多々ありました。

私自身も興味が全くないわけではなかったので、機会あるごとに文献等を渉猟してきましたが、やはりイマイチ不明な部分が残されているため、今までは、行ってきませんでした。

しかしながら、最近、成人患者さんで矯正治療後にホワイトニングを希望される方が多く、また電話でもホワイトニングに関する問い合わせが増加してきているため、6月30日、時差ボケも回復しきらないまま、東京医科歯科大学卒後研修セミナーのプログラムであるホワイトニングのセミナーを受講してきました。

それで、今後の方針について結論から先に申し上げますと、ひろ矯正歯科ではホワイトニングは行いません。

その理由として、

  1. 一旦ホワイトニングを行うと、その後も継続して漂白を行い続けなければならないことが多い。
  2. ホワイトニングを行ったことで、逆に外来色素の沈着を起こしやすくなることがある。
  3. 漂白剤の作用によって歯肉に炎症や潰瘍を起こすことがある。
  4. 歯の知覚過敏を起こして冷たいものにしみるようになることがある。
  5. 矯正患者さんの場合、矯正前の歯並びが凸凹であるために多数の虫歯の修復がしてあることが多く、ホワイトニングによってそれらのレジンの色調が合わなくなってしまい、やり直さなければならない場合が多い。
  6. ホワイトニングを行う前と、行った後での歯の強度に関する定量的なデーターが、私の調べた限りでは不明であり、ホワイトニングによって歯が欠けやすくなるという一説を完全に否定することは出来ない。

等々です。

これらは歯科医院で行うオフィス・ホワイトニング、自宅で行うホーム・ホワイトニングのいずれについても共通です。

もちろんこれらは、私の private opinionであり、ホワイトニングを行っている先生達を批判するたつもりはありませんので、誤解なきよう、お願いいたします。

矯正歯科というのは本当に分の悪い仕事で、収入のことだけを考えるならば、60万円の矯正費用で2~3年間に及ぶ治療を行い、治療後5年以上も経過を追い、その後、万が一凸凹が出てきた場合には再治療費を頂くことなく再治療を行いますので、単純に考えても矯正の患者さんを1人治療するならば、ホワイトニングの患者さんを10人治療した方が遙かに儲かりますし、精神的にも楽だとは思いますが、私自身の出した結論として、「当医院では、審美のみを目的としたホワイトニングは行わない。」ということを決断しました。

もちろん矯正治療中の患者さんの歯のクリーニングなどは従来どおり行います。

みなさん、通販のホワイトニングキットなどは、絶対に、絶対に、やめた方が良いですよ。

余談ですが、このホワイトニングの講師は、「受講生は遠路はるばる、忙しい時間を割いて参加しているのだ」ということを全く自覚しておらず、講義の進め方も思いつくまま、質問に対する回答も受講生を侮辱したような、非常識でたいへん腹立たしいものでした。

2002.06.25 学会・セミナー 第4回ヨーロッパ舌側矯正歯科学会大会が開催される

2002. 6. 20 ~ 6.22の間、European Lingual Orthodontic Congress が ドイツの Berlin で開催されました。

ここ数年間、ALOAやESLOには欠かさず参加して口演してきましたが、アメリカの同時多発テロ以来、恐くて暫くは海外には行かないつもりでした。

ところが、春先にAir mailで送られてきたプログラムを見てビックリ。。。
メインスピーカーのところに私の名前が!!

絶妙のタイミングで、その日に第3回ESLOのPresidentであるDr.Scuzzoから電話があり、「Toshi(私のこと)も話をすることになっているので、必ず来いよ!」とのこと。

ちょっと戸惑ったが、まあ、ものは考えよう、話をしたくてもさせてもらえない先生も沢山いるのに、こんなに強引な手段を使ってまで呼んでくれるとは、本当に有り難いことです。
お呼びがかかる間が花ですからね。

「Ok, I see. I aprreciate your kindness. I will do my best! See you in Berlin! 」と答えて、参加決意。

飛行機はファーストクラスやビジネスクラスの先生が多いのですが、私にゃそんな余裕はありません。

いつものごとく、JALに電話して前売り悟空28のエコノミークラスを購入。

かくして6月17日、家族を家に残し、1人ドイツに旅立ちました。

パリのシャルル・ドゴール空港で乗り継ぎ、18日の夜9時過ぎに会場でもある Estrel horel Berlin に到着。

翌日は時差ボケ解消のためのフリータイムなので、市内を見物に。


あれに見えるはベルリン大聖堂

私はいつも時差ボケ解消のためには、とにかく歩き回ることにしているが、、、正直40をすぎてからキツくなってきたような気がする、、。

明日19日は、Pre-Congress Seminarだ。 寝るわけには いかない、、。

学会前夜、President の Dr.Dirk Wiechmann が Dinner に招待してくれました。

ベルリン市内の旧・東ドイツに位置するドイツ料理のレストランで、各国の大統領や日本の総理大臣も来たことのあるという、たいへん由緒あるレストランだそうです。

私に手をまわしているのが President の Dr.Dirk Wiechmann、私の向かいの白髪の先生がALOAの Board member の Williams先生、その横が Dirkのフィアンセです。
Dr.Takemoto はDirkの向こうにいらっしゃいますが、見えるでしょうか?


当日、会場入り口にて


ESLOのmeetingは、年毎に大きくなってゆきます。日本も頑張らないと、置いてゆかれます!!人の足を引っ張る暇があったら、自分を磨きましょう。


いつもながら、つたない英語で 口演です。

初日の学会が終わり、Ormco主催のパーティーに参加。


一番左でおどけているのが President の Dr.Wiechmannです。
ドイツ人はとにかく勤勉で、話せば話すほど良い人達です。

学会最終日、一番最後には表彰式です。

僭越ながら、私はActive memberとして認められた先生達に Certificateを手渡しました。

過去2年間の最も優秀な論文と、当日の最も優秀なポスタープレゼンテーション、ならびに当日の最も優秀なテーブルデモンストレーションに輝いたのは、いずれもSouth Koreaの先生でした。

Koreanの優秀さには私など、とても太刀打ち出来るものではありません。
私の知っているKoreanはみな、母国語、英語、日本語と、3カ国語は当たり前のように話します。

日本人、どうしたんだ!!
毎年毎年、バカみたいに道路を削っては舗装をやり直している場合じゃないぞっ!!

学会も全て終わり、夜はGara Dinnerという格調高いパーティーです。

会場も Berlinで最も格式高いAdron Hotel。
こんなところにゃ、プライベートじゃ来れません。


パーティー会場では、President のDr.Wiechmannや歴代会長、ALOAのPresident の Dr.Mario Pazや Dr.Takemotoと同じテーブルで緊張しました。


次期会長のDr.Pabro Echarri です。
ESLO は Biannual なため、次回のESLO は2004年にSpainのBarcelona です。

学会もパーティも全て終わりましたが、何時、誰に呼ばれるかわからないので1日予備日をとっています。

しかし、このまま帰る手はないと、早朝ホテルをこっそりと抜け出し、電車に乗って世界遺産の街、Quedlinburgに向かいました。


REという特急電車に揺られること4時間、世界遺産の街に到着しました。


木組みの家がならぶ街並が美しい。

ビールが美味しい。水よりも安い!Weizenを2杯と、Blackを1杯飲み、ほろ酔い気分に。
街を4時間ほど歩いて、また電車に揺られてホテルに帰ります。

早いもので、今日はもう帰る日です。

明日から患者さんがギッシリはいっている、、、。

私はこの Lingualの学会が大好きです。
みんな Lingualが好きな人達が集まり、真剣に学び、真剣に discussionする。

私のように、長野の山奥で開業していても、つたない英語で話していても、一生懸命、一生懸命やっていると、いつも誰かが「Toshi、お前のpresentationが一番良かったよ!」と言ってくれます。

お世辞でも、本当に嬉しいものです。

これからも頑張ります!!


帰る前に最後のビールを、、。

2002.06.20 書籍 Journal of Lingual Orthodontics に論文掲載完了!

2002. 6. 20. Journal of Lingual Orthodontics に、わたくしの論文が掲載されました。

世間には、いまだに舌側矯正は「ちゃんと治らない」とか、「治療期間が長い」とか言っている先生がいますが、出来ない先生には勝手に言わせておきましょう。

舌側矯正は今や次世代に突入しています。
わたくしは1996年頃からDr.Takemoto、Dr.ScuzzoとともにLingual Straight Wire Applianceによる治療を行っております。
現在この“最新兵器”は、まだ市場に出回っていないので一般の方には入手は不可能ですが、もう少しで発売されます。

そこでこの“最新兵器”を使いこなすために、いや、あの1970年代のAmericaにおけるBottomed outを繰り返さないために、“Six keys to success in Lingual Straight Wire Appliance”と題して、成功するための注意事項を、症例をまじえてArticleにしました。

全て英文ですが、御覧になりたい方は、European Society of Lingual Orthodontics の Journal of Lingual Orthodontics, Volume 2, Number 2, page 29-47です。

御参照下さい。

プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ

←前
次→