TOP >> 院長日誌

院長日誌

2003.10.11 講演活動 第62回 日本矯正歯科学会大会開催

10月8-10日、新潟市の朱鷺メッセにて第62回 日本矯正歯科学会大会が開催されました。



本大会に於いて、僭越ながら、わたくしはRound Table Discussionのモデレーターをつとめさせて頂きました。
演題は「リンガル・ストレートワイヤー・テクニック」についてです。
舌側矯正が考案されてから、ほぼ30年が経過しますが、舌側矯正はいまだに一部の矯正専門医のエキスパートにしか治療出来ない、大変高度なテクニックが要求される、非常に難しい治療です。

Andrewsは Standard Edgewiseを Straight化し、世界中にセンセーションを巻き起こしました。
今日、外側からの矯正治療はSWAなしでは成り立たないのが現状です。
この難しい舌側矯正を少しでも simpleで easyなものにするために、Lingual applianceを Straight wire化しようと努力しておられる方がいらっしゃいます。
その方こそ、イーラインの竹元先生です。
現在、Lingual SWAは現在、開発の最終段階で、まだ市場には出回っておりません。
したがって、この次世代矯正装置で実際に治療を行ったことのある先生は、現時点では世界中で竹元先生とScuzzo先生と、私の3人だけです。


LSWA

例年はRTDで竹元先生ご自身が LSWAについて講演されるのですが、本年は第三者の立場から LSWAで治療を行う上での注意点、将来的展望などを話させて頂きました。
装置が良いか悪いかは、言葉で論ずるよりも私が実際に治療した症例を見ていたければおわかり頂けたかと思います。
セルフライゲーションとなると、驚異的に短いチェアータイムで、非常に良好な結果が得られると思います。
1日も早く、 self ligationの LSWAが市場に出回ることを希望します。

プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ

←前
次→