TOP >> 治療のご案内 >> 一般的な矯正

一般的な矯正

一般的な矯正

 

歯の外側に装置を付ける、一般的な矯正について

     
セラミック製(透明)矯正装置   金属製矯正装置
 一般的に、目立たない白い装置を使うと、金属製の装置に比べて費用が高くなることが多いですが、ひろ矯正歯科では同じ費用で治療が受けれますので、お好きな方を選んで頂くことが出来ます。

「出っ歯」の治療について
  出っ歯の治療は、歯を抜く場合もありますが、すべての人が歯を抜かなければならないとは一概には言えません。前歯がかなり飛び出していても、奥歯のズレがあまりない場合には歯を抜かなくて治すことが出来ますし、顎の成長がまだ残っている場合には抜かずにすむ可能性はもっと大きくなりますのでなるべく早めに(出来れば10歳前後で)御相談頂くのがベストです。もちろん、成人されてからでも出っ歯を治すことはできます。
    >> 出っ歯矯正の治療写真はこちら

 
受け口の治療について

  通常、下の顎の骨が大きい場合や、奥歯のズレが大きい場合、横顔で顎の先が飛び出しているような人は、外科矯正、つまり手術で顎を下げて矯正治療をする治療することが多いのですが、ひろ矯正歯科ではかなりのところまで手術しなくても治せるようになっています。
    >> 受け口矯正の治療写真はこちら

 
「乱杭歯」の治療について
 

  凸凹の治療は、骨の幅や凸凹の程度、患者さんの年齢等によって、抜いて治す場合と抜かずに治す場合があります。抜く場合には、凸凹している前歯や糸切り歯を抜くのではなく、通常は小臼歯を抜き、出来た隙間を使って前歯の凸凹をとります。歯を抜いて治した場合でも、抜いた隙間が完全に閉じきるまで治療を行いますので、治療後に抜いた部分に隙間が残るということはありません。
    >> 乱杭歯矯正の治療写真はこちら

 

ひろ矯正歯科では、装置の種類(外側か裏側か)を決めるのも、或いはまた、治療を受けるか受けないかを決めるのも、すべて患者さんです。
まず、現状を知っていただき、このままではどうゆう問題が起こりうるか、それを治療するのには期間や費用がどれ位必要かを説明し、患者さん御自身で治療を受けるか受けないかを決めていただく判断をして頂くのが、私の仕事であると思います。

治療が始まりましたら、私に出来る限りの最高の治療を行えるよう努力いたします。
下記の治療例をご覧いただき、当院の矯正治療結果を御覧ください。