menu
MENU

取引先各社様へ、成迫会計の件

取引先各社御担当者様

 

前略、いつもひとかたならぬご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

ひろ矯正歯科および(有)HOSは、5年ほど前から会計業務を松本市の成迫会計事務所に依託していましたが、契約当初からミスが度重なり、担当者は毎年交代、それでも事態は一向に改善せず、一昨年には部長の金沢佳光氏が直々に担当するとのことでしたが、実際には他の職員が担当、とうとう昨年末には、税務署から11月25日納付期限の税金が未払いである旨の電話がかかってきました。

成迫会計に確認してみると、「納付書を送るのを忘れていました、延滞税はこちらでお支払いしますので。」とのこと。

延滞金を誰が払うかでは無く、会計事務所が納税を忘れるなど前代未聞、考えられない失態にメールで一行苦情を書いたところ、成迫升敏社長が謝罪に来るどころか、年末調整等々で忙しい年の瀬に、未払い未計算の書類を全て送りつけてきて、「信頼関係の継続が困難」という理由で契約を一方的に解除してきました。

信頼関係に問題が生じたのは成迫会計事務所の度重なる失態が原因であるのに、これ以上にない嫌がらせ、無責任極まりない行動には唖然としました。

関係筋によると、他にも同様の事業所が複数あるそうで、事業所の生命に関わる業務を預かっておいて、このような非常識な行動が取れること自体、社会人として疑問ですし、従業員の給与や大口の支払いが滞れば、下手をすれば倒産の可能性さえ有り得ますので、取り返しのつかない問題に発展する前で良かったと、プラスに考えるようにしています。

このような事情で、納税含め数社の支払いが遅れましたことをお詫び致しますと共に、御説明させて頂きます。

会計業務は、すでに新しい事務所に委託し、全て正常に機能しておりますので御安心下さい。

 

 

 

 

to top