menu
MENU

院長日誌

  • 2006年 10月21日 良い歯を守る相談会

    10月21日、恒例の良い歯を守る相談会が塩尻市の健康長寿課にて行われました。
    約60名のスタッフで、2時間で359名の受診者の口腔内のチェック、ブラッシング指導、フッ素イオン導入などの予防処置を行いました。
    良い歯の長をつとめさせて頂くようになってから以前から気になっていた部分を改めるべく、改善を進めております。
    その最たる物が、感染予防です。
    受診者の方々の口の中をチェックする際、染色する際、歯磨き指導をする際、予防処置をする際、スタッフはグローブをつけていますが、グローブを患者さん毎に新しい物に換えるようにと指示をしました。
    他の人を診たグローブをそのままハイアミンなどの液で洗って次の人を診る、という歯科衛生士が多いのですが、グローブにピンホールが開いていれば感染拡大の恐れがあり、危険だからです。
    ただ、巡回していると、あれほど言ったのに守っていないスタッフが数名いたのが残念でした。
    次回は来年春の相談会、その時には徹底します。
     
    さらに、今回終わってみて、要改善であると思った点が7点ありました。
    次回にはこれらを改善し、より快適に、よりスムーズに相談会が進むようにしたいと思います。
     

     
     
     
     
    相談会のある日は午前中、午後共に1時間ほどしか仕事が出来ません。
    日頃大変苦労をかけているスタッフを労うために、午後は思い切って休診とし、松本でお食事をしました。
     
    まずはアイリッシュ・バーでカンパ~イ。
    その後は仙岳でしゃぶしゃぶです。
    美味しかったですね。
    毎日大変な仕事に文句を一言も言わず、一生懸命頑張ってくれているので、これくらいは当然であると思います。
    明日からまた宜しくお願いします。
     


    お気に入りのアイリッシュバーです。

     


    割烹 仙岳のしゃぶしゃぶです。美味しかった~。

to top