menu
MENU

院長日誌

  • 2007年3月18-21日 医院旅行

    2007年3月18-21日、恒例の医院旅行でGuamに行ってきました。
    今年1年を振り返ると、特に受付と歯科衛生士の皆さんに苦労をかけました。
    受付は昨年春に採用した新人が半年で退職し、その後何人か面接を行いましたが、適格者がみつからなかったため、本来2人でこなす受付業務を一人で頑張ってこなしてくれました。
    また、歯科衛生士は昨年春、新卒者の募集をかけていましたが希望者がみつからず、新しい人が見つかる前に1名寿退社されましたので、毎日が本当に大変でした。
    通常ですと、こうゆう状態ではいろんなミスが出たり、不平不満がつのってスタッフ間で衝突が出るものですが、みんな文句も言わず一致団結してお互い助け合い、本当によく頑張ってくれました。
    いつもながら心から感謝しています。
     

    アルピコバス・チャーターで一路セントレアに向かいます
     

    年に一度の労いなので、僕のような人間が一緒にいないで、スタッフだけで慰安旅行に行って貰ったほうがいいかなという考えが無いわけではないのですが、こうして一生懸命頑張ってくれていると、普段海を見ることにないみんなに、南国のトロピカルなビーチで「御苦労さんです」と一言労いの言葉を言って、エネルギーを充電して貰うことはやはり必要であると考えております。
     

    長野県内はまだ雪山です
     

    一生懸命働いて貯金したお金で、Duty Freeでお買い物をして、大切に大切に持って帰るスタッフを見ると、なぜか僕まで嬉しい気分になります。
    「私たちのお給料は、患者さんが一生懸命働いたお金なのです。いつも患者さんの立場になって考え、行動し、決して患者さんを裏切らないように」、といつも口を酸っぱくして言っていますが、僕のお給料は患者さんが一生懸命働いたお金+スタッフのみんなが一生懸命頑張ってくれたおかげです。
     

    恒例、OUTBACK STEAK HOUSEにて、カンパ~~イ!!
     

    「お疲れ様で~~す!!」
     

    みんな、ひろ矯正歯科で働いて良かった、と思えるような職場であれるよう、僕も頑張っていますので、明日からまたよろしくお願いいたします。
    患者さんの皆さんも、御理解の程、よろしくお願いいたします。

to top