TOP >> 院長日誌

院長日誌

2018.08.04 院内の事 おめでとう、おめでとう、おめでとう

御結婚、おめでとう!
歯科衛生士の丸山さんが御結婚され、披露宴が塩尻市のフェリスクレールで行われましたので、ひろ矯正歯科のみんなで行ってきました。

チャペルへの入場は通常どおり、お父さんに先導されて入場されましたが、、、お父さんが松葉杖をついて一生懸命歩く姿を見たら涙が流れてきました。



バージンロードの途中まで新郎が迎えに来て、式が進行します。

指輪交換とchu(^ε^)-☆



チャペルでの結婚式を終えると、お庭でバルーン・リリース、ブーケ・トス、全員で記念撮影のあと、披露宴会場に移動し、結婚披露宴が始まりました。

いつも新婦側の主賓として御挨拶させて頂く際は、アンチョコなど無しにアドリブで話します。
この日も前日から話す内容を何度か頭の中で整理して練習したのですが、新郎側の主賓の挨拶を聞いて、その場で急遽モディファイしたら、、やっぱダメですね、直前で手を加えると、、。
ご両家の皆様にちょっとだけ失礼がありましたことをお許しください。



お色直しのあと、お庭でデザートバイキング、みんなで記念写真を




暫くの歓談のあと、披露宴会場に戻り、宴も終盤、新婦が親への手紙を読みますが、、も〜あかん、泣けます。



うちの娘が嫁ぐときには、僕は立っていられないだろうなあ、、、。

おめでとうございました。

紗穂さんは、ものすごく気がつく、言葉に出して言わなくても相手の心を読んで動いてくれる人ですので、結婚した後も良い嫁になることは間違いないと思います。

お幸せに!




それから、先日、産休中の平沢(旧性山下)さんが、赤ちゃんを連れて医院に来てくれました。


うちの子供が生まれた時を思い出します。

初めての子育て、わからないことが一杯だと思いますが、ご両親と一緒に住まれていると、いろいろ教えて貰えるのでイイですね。

可愛い可愛い赤ちゃんでした。




プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ