TOP >> 院長日誌

院長日誌

2010.08.05 学会・セミナー 第9回 ESLO開催さる

2010年7月7日〜11日、ロンドンにて舌側矯正専門の学会、 第9回 European Society of Lingual Orthodontics Meetingが開催されました。
本学会から Key note Speakerとして最終日の Closing lectureを依頼されましたので、僭越ではございますが講演をさせて頂きました。

また、ロンドンでは、第一回 World Board of Lingual Orthodonticsの試験が開催されました。
私は、2005年にヨーロッパで最も権威のある矯正専門医試験、European Board of Orthodonticsを、Category 1の Growing caseも含めて全て舌側矯正で受験して合格しているため、2008年の Cannesでの ESLO meetingで、世界第1号の WBLO Trophyを ESLOの学会から公式に頂いています。
ですから、今回の受験に際しては、「廣先生はもう貰ってるんだから、受ける必要ないじゃん、なんで受けるの?」と、国内外のたくさんの先生から言われ、ESLOの Presidentの Germain Becker先生も「Toshiは受けなくて良い」と言ってくれ、僕自身も全く同感でありました。
今まで ESLOを world wideにしろと要求してきた人達が、今まで本気でそう願っていたなら、何故に、ESLOが Non Europeanである日本人に第1号を授与してくれた事を祝福しないのか、何故に「廣君は もう貰っているのだから、受けなくて良い」ではなくて、「もう一回受けろ」になるのでしょうか。
さらに、EBOの categoryを、誰がどうゆう理由で modifyしたのか、何故に Category 7の Surgical treatmentが mandatoryなのかも、全く理解に苦しみます。

納得いかないながらも、もし受けなかったら、「廣は受けなかった」ではなく、「廣は受けれなかった」と言われるでしょうから、意地で受けてやりました。
試験の準備も、学会発表の準備も診療も、みんな誰かがやってくれて、自分は書類を出すだけ、原稿を読むだけ、、、だったら良いのですが、私にはそんなアソシエイトもいないので、診療も、学会の準備も、試験の準備も、全部自分でやらなければなりません。
毎日朝から晩まで診療に追われ、診療後は疲れてクタクタ、夜はとてもそんなスタミナが無く、精神的にも体力的にも限界を超えていました。
込み上げてくる怒りを抑えつつ、ここ半年間は毎日23時就寝、5時起床で、早朝に仕事をするという生活でなんとか準備を終えました。
それでも、Closing lectureの Power pointを作り終えたのは、発表当日の2時間前(!)という、ギリギリでしたが。

試験は、アジアから4人、ヨーロッパから4人、合計8名が受験しました。
結果は、、、8名中、合格者は5名。
私も合格しました。
しかし、スッキリしません。
問題山積のままです。

これについては、またの機会に述べさせて頂きたいと思います。


7月6日(火)
ESLO Congressは、7月8日の木曜日から10日の日曜日まで、EBOなどの試験は通常、Congressの前に行われますので、普通に考えると、試験は7月6日、7日となります。
試験の applicationを送った後、飛行機の予約をしなければならないので、日程を教えてくれと、何度も Dr.Scuzzoにメールしましたが、返事は梨の礫。
飛行機が取れなくなっては一大事なので、学会の2日前に試験が行われると想定して月曜日の夜、ロンドンに入る航空券を購入しました。
しかし、その後で貰った連絡では、試験は9日の金曜日、結果発表は10日の土曜日(学会と重なっている!)、とのことで、結局、6、7日は、まるっきり予定があいてしまいました。
フライトを変更しようと思いましたが、ホテルの変更がきかなかったので、そのままの予定で日本を発ちました。

成田からロンドンまでの機内では、一睡もせずにプレゼンの準備をしていたため、ホテル到着後、爆睡。
夜中に目覚めては、また準備をして、また寝ての繰り返し。
かなり疲れましたので、火曜日はホテルの近くを少しだけ散策し、昼食もホテルの近所で済ませ、また準備。
その後は、ダブルデッカーの市内巡回バスに乗ってみました。


Fish and Chipsと、Guinessです。


トラファルガー広場の前には、ダブルデッカーがたくさん。

乗って市内を少し回ってみましたが、、、うたた寝してしまいました。
(バスの中などで寝るとスリに遭いますので、皆さんは気をつけてください。)


7月7日(水)
学会の準備もだいぶ進みましたので、この日は Oxfordまで半日観光に出掛けました。
目的は、Harry Potterの舞台となった Ball roomに行くことです。

Oxfordには、38もの Collegeと、6つのホールがあり、これらを総称して、Oxford Universityと言います。
Oxfordは小さな町ですが、静かでとても良い町です。
市の真ん中に、Christ Churchというのがあり、ここの Hallは、Harry Potterに使われています。


これがあの Harry Potter で、みんなが食事をしたりする、あの大部屋です。



ここは Harry達が ほうきに乗る練習をした、あの校庭です。
Oxfordの市内を散策して、昼食はサンドイッチを買って食べ、バスでロンドンに戻って、9と3/4番線プラットフォームに行きました。

その後、ホテルに帰ってまた準備です。


7月8日(木)
親友の Fernandoに電話をして、朝から学会に出掛けます。


ここが会場の Queen Elizabeth II Conference Centerです。
宿泊先の The Trafalgarから St. James’s Park 沿いに歩いて8分です。

学会終了後、Dinnerは、ホテルの近所の Garfunkelというファミレスで、手羽先とビールで済ませ、夜はまた学会の準備です。


7月9日(金)
今日は、WBLOの試験の日です。
重い重いトランクを引きずりながら会場まで行き、毎朝5時起きして仕上げたファイルを並べます。
その後、試験官がやってきて、evaluationを開始しましたので、私たちは学会場に行き、講演を聞きます。


その夜、Fernandoや Spainの友達と食事に行く予定でしたが、Examiner達と一緒に Dinnerに招かれました。
「何故に僕も?」と聞くと、EBOを持っているからだとのこと。
あまり気が進まないのですが、招待されて断るわけにもいかないので、御一緒させて頂きました。
食事をしながら審査の結果について説明する Examinerの2人。
何か意見は、とのことでしたので、自分の考えを率直に述べました。
まず、今回の試験の結果は、明日の General assembly ではっきりと点数を告げて合否を発表し、Openにしなければならない、ということ。
そして、今後の Board試験を行うにあたっては、examinerは WSLOにも ESLOにも属していない先生が務めるべきであるということ、等々。

残念ながら、私の意見は全て却下され、余計な事を言うなといった感じでした。
おかしい物をおかしい、ダメなものをダメと言って通らない、これがおかしい。
こんなの 辞めてしまおうかな。

 
Candidateの資料は学会内のガラスケースに展示されました。


7月10日(土)
朝から WBLOの集まり(EBO Lunchでなくて、WBLO Breakfast?)のため、Park Plaza Hotelに向かいます。
Examinerから試験結果の発表や、次回直すべき点が説明されますが、不合格となった Candidateの中には、冷静さを失い、怒って帰る先生もいました。

そのあと、学会場に戻り、講演の合間にたくさんの友達とお話をします。
驚いたことに、Paris VのAlain Decker教授の御子息である Lionel Deckerさんが、ComiroというLaboratoryを立ち上げたそうです。

Lionelさんとは初対面でしたが、お父さん同様、とても Friendlyで いい人でした。
(Comiroとは、フランス語で「Hiroのような」という意味だそうです。そんな名前を付けて頂いて光栄です。)

その夜は恒例、Gala Dinnerです。



私は、Fernandoと同じテーブルを予約しました。

同じテーブルに座っている人は、私と Fernando以外は全てドイツ人。
World Cupでドイツはスペインに負けたので、Fernandoがスペイン人だと知ると、「おめえなんか、あっち行け!」と(勿論冗談です)、楽しいひとときでした。
Dinnerも途中で、私はホテルに帰りました。
まだプレゼンが完成していないので、、。


7月11日(日)
学会最終日です。
私の出番、Closing Lectureの講演時間は、朝9時からですので、5時に起きて最後の準備をして、朝食を済ませて出掛けます。
この日は、ロンドン市内はマラソンがあり、タクシー、バスなど、すべて止まっています。
会場近くのホテルで良かった、、。
歩いて行けない距離だったら、たいへんな事になるところでした。



こうゆう事情なので、会場には人はまばらだろうなと思いましたが、、ところがどっこい、昨日の昼間よりたくさんの人が。
本当に有り難いことです。



講演も無事終わり、会場を後にします。

会場前で涼んでいると、たくさんの人が話しかけてくれました。


この美人の先生達は、現在 Paris Vでリンガルの勉強中だとのことです。
この日本人の先生は、英語もフランス語も流暢で、英語もカタコトの私は、ただただ感心しました。


 
次回のESLOは2012年、Frankfurtです。

プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ