menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で矯正治療をしているが困っているという方や、セカンドオピニオンが欲しい方などの相談にお答えしています。

忙しいので、すぐにはお答え出来ませんが、大体1週間以内にはお返事出来るように努力しております。

時間的制約から、矯正歯科に関する相談にのみ回答させて頂きます。

 

相談内容の中には、明らかに医師側に問題ありと考えられる場合もあり、その際にはかなりシビアなお返事を書きますが、訴訟を煽っているわけでもなければ、他医の業務妨害をするつもりはありませんので、誤解無きようお願いいたします。

 

また、返答内容は、私が矯正歯科専門医として長年培った知識と臨床経験に基づくものであり、あくまでも私の私見です。

私の言っていることが絶対に正しいという保証はありませんので、御承知下さい。

 

お名前やメールアドレスは公開されませんが、偽のメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。
また、投稿内容は私どもでは一切修正出来ませんので、個人情報が含まれているものには回答致しません。

 

ひろ矯正歯科に通院中の方は、診療の際に御相談頂いた方が適切に対応が出来ると思いますので、相談内容が他の方の参考になるようなもの以外は、ここに書き込まれても原則としてお返事はいたしませんので、御了承ください。

 

  • 説明と治療内容と結果との齟齬

    2023/01/10 08:46 投稿者:讃良の宿屋飯盛 [xxx.149.9.211]

    お世話になります。
    私は子供の頃、当時通院していた一般歯科で交叉咬合と診断を受け、「ここでは診れないから矯正をやっているところに行きなさい」と言われた母に連れられて矯正歯科を標榜している口腔外科出身の歯医者に行き、2回の矯正治療を受けました。
    1回目は小3の3月(9歳)〜小4の1月(9歳)、2回目は中2の5月(13歳)〜高1の4月(15歳)でした。
    2回目が終わって4年後には奥歯から前に倒れて開咬になり、当時通院していた歯医者さんに「このままだと奥歯に負担がかかり過ぎるから矯正治療をしてもらって」と言われ、左上の親知らずも抜いていなかったので、2回の矯正をした口腔外科出身の歯医者に話を聞くため受診しました。
    左上の親知らずは埋伏だったのですが「抜ける」と言い、「抜けるけど、まず銀の被せを全てレジンにやり替える(自費)」と言われ、親知らずを抜歯するために指示通り、自費の歯石取りとやり替え治療のために1年間計22回通いました。
    やり替え治療が終った後、なぜか「子供の頃にやってたんだからうちで」と強引に説得され、親知らずについては急に「根がやられてるから奥歯を抜いたほうがいい。矯正ならそれができる」と言われ、23回目の受診時に矯正装置(ワイヤー)をつけられました。
    2週間ごとに一律9,100円のメンテナンスがあったのですが、ワイヤーで歯磨きしづらいのにクリーニングをしてくれることがほとんどなく(ワイヤーを外してのクリーニングは治療期間1年8ヶ月の中で1回もなし)、それについて尋ねても「きれいに磨けているから必要ない」と言われてきました。
    またレントゲンを見て「奥歯がやられているから抜かないと」と言われましたが、自覚症状もなくその奥歯はう蝕にもなったことのない歯で大切にしたかったので「親知らずを抜いて、残すことはできないか」と何度も尋ねましたが、「やられてるから」と言われました。
    私にはレントゲンを見ても分からないので『そうか…』と思い、「奥歯を抜いても親知らずは奥歯として生えて、問題なく噛めますか」と尋ねて、「問題ない。矯正で牽引するから、真っすぐ生えて奥歯と同じように噛めるようになる」という説明を何度も確認しました。
    でも結局、矯正治療が終了しても、親知らずは斜めのまま、「これ以上牽引すると親知らずの根がやられるから、レジンで補綴する」と言われました。
    「真っすぐ生える」という説明を容易に覆されたこと、補綴などという抜歯前にはなかった説明にショックを受けました。
    また矯正治療後半には、「スペース確保のため」として下顎前歯を何度も削られてしまい、不安になりました。
    終了後「これまで下の前歯は何mm削ったか教えて下さい」と言うと「そんなの知らない。0.25mmまではいいって言われてるけど、人によってエナメルの厚さちがうし」と言われ、更に不安になりました。
    また「もっとこだわって矯正したかったらインビザラインね」と、今度は急にインビザラインを強引に勧められました。
    矯正治療中は転医もできないと思い、我慢していましたが、さすがに信用できなくなりました。
    矯正治療について色々調べた上で、その歯医者の説明を聞くと、更に不信感が増しました。
    Q. 交叉咬合と上顎が狭いということで受診しましたが、第一期治療では何をしましたか?
    A. 生え変わるまでにこれ以上ガタガタにならないよう、ブラケットをつけた。ブラケットでも多少顎が広がるから。
    Q. 上の小臼歯2本を抜歯したのはなぜですか?
    A. 第一期治療でブラケットをつけてしばらく様子を診ている間に、並ぶスペースがないことに気づいたから、抜くしかないと思った。
    Q. 矯正治療前の検査の内容は?
    A. パノラマレントゲンと石膏の歯型。CTは当時(※1回目2回目)なかったし、うちはセファロを置いてない。
    精密検査も診断も治療計画もなく、装置をつけて行き当たりばったりで対応していたのだと思いました。
    また親知らずの代わりに抜いた第二大臼歯については「抜くとやっぱり根がなくなってたし。その無くなっているところも見せたし」と言われ、そんな記憶がなかったので、冷凍庫で保存していた歯を確認したところ、しっかり長い根が3本ついていました。
    抜歯時のカルテを確認すると、自費で約25,000円支払ったのに、保険のほうで「抜歯(埋伏歯)」を算定されているという、あべこべになっていました。
    説明はいつも料金のことばかりで、診断や治療計画、リスクについての説明は全くなかったです。
    終わった今、治療について尋ねても、「歯根吸収は矯正治療につきものだから」「一生懸命やった」「矯正専門の先生に紹介することもできたが、それでも紹介した先生が治せるとは限らない」「保険で親知らずを抜いた扱いにしたのは、そうしないとこれからその歯をレジン修復した際に全額自費で…ということになるから」と、説明になっていない説明を聞かされるばかりで憤りと後悔と絶望でいっぱいになります。

    長くなってしまい、申し訳ありません。
    計3回、不適切な治療を受けてしまいましたが、子供の頃の石膏模型を見ても、今の歯を見ても、口蓋は高く、上顎の歯列の方が狭く、下顎の歯列の方が広く、臼歯部の交叉咬合も解消されていません。
    歯肉退縮しているところも歯根吸収しているところもあり、つらくて仕方ないです。
    訴訟を考えていますが、問題点が絞り切れず、専門医の先生からの見解をお聞かせいただけますと幸いです。
    おいそがしい中、お手数をおかけし申し訳ありません。
    よろしくお願いいたします。

    讃良の宿屋飯盛さんへ

     

    はじめまして。

    すごいHNですね。

    僕は狂歌のことは僕はよくわかりませんが、矯正のことはわかります。

     

    お尋ねの件、まず、歯科医師として絶対にやってはならないのが、自費でお金を取っておきながら保険請求もするということです。

    これをやれば、お手がまわります。

    正常に生えている第二大臼歯を保険で抜く場合、3割の負担分は大体1,000円以下だと思いますので、25,000円ということは自費で扱われていると思います。

    それが自費診療分で、しかも保険請求もされていたとなると、これは犯罪ですので、社保なり国保なりの事務所、或いは警察に連絡すべきだと思います。

    犯罪であることを承知で黙っていると、最悪の場合、讃良の宿屋飯盛さんも罪に問われる可能性もあります。

     

    治療に関しては、1回目の治療、2回目の治療が適切であったか不適切であったかどうかはこの文面だけからは判断出来ませんが、治療前に検査をきちんとしていない、治療計画の説明やリスクの説明も無い、というのは、明らかに医師側の落ち度だと言えると思います。

     

    水平埋伏智歯が第二大臼歯の歯根を吸収している場合、第二大臼歯を抜歯して埋伏智歯を牽引誘導して第二大臼歯の位置まで移動し、智歯を第二大臼歯の代わりに使うということは珍しいことではありません。

    非常に稀に、引っ張っても動かない、出てこないという場合もありますが、大抵は牽引誘導が可能です。

     

    訴訟前提で相談されているのであれば、コメントは差し控えようかと思いましたが、読む限り、医師側の過失、落ち度、対応や、説明義務等にかなり問題があると思います。

    訴訟になれば、通常は鑑定人というのが立てられると思います。

    鑑定人は全ての資料に目を通して、正確に判断しますので、私のコメントなどはあまり参考にはならないと思いますが、お返事させて頂きました。

     

     

     

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top