TOP >> 採用情報

採用情報

スタッフ募集中

就職希望の方は、医院宛に直接、履歴書をお送りください(紹介状等不要)。
履歴書を読ませて頂いて、医院規定の条件に合う方かどうか、まずは書類審査をさせて頂き、御連絡を差し上げます。

面接のあと半日〜1日、見学していただき、実際に自分の目で職場を見て頂きます。
見学のあと、お互いの同意が得られれば、正式に来ていただくようになります。

ひろ矯正歯科に来て貰うには、矯正の予備知識や経験は不問です。
私がスタッフに求めるのは、高度な技術や完璧な仕事ではありません。
一つ一つ真剣にやってくれる、明るく楽しく仕事してくれるということです。

新卒者、転職者、いずれも歓迎、年齢も不問です。


子育て支援もします。
勤務時間は御相談下さい。

成功報酬型の人材紹介会社からの紹介は受けつけません

募集職種 歯科衛生士
募集人数 1名
必要資格 歯科衛生士免許
給与 基本給/170,000円+歯科衛生士手当/20,000円
皆勤手当/5,000円
交通費/20,000円まで または住宅手当/30,000円まで
能力給別途支給
昇級/0〜5,000円/年、能力に応じて

パートの場合は、時給1,100円以上、勤務時間は相談の上
賞与 年2回/計4ヶ月分、能力に応じて増減有り
勤務時間 月~土曜日の 11:00~19:00
お昼休みは上記時間内に交代で1時間取って頂きます。
休日は、日曜、祝日の他に月曜休みの週と木曜休みの週を隔週で設けます(完全週休2日)
加入保険など 歯科医師国保、労働、労災、雇用、厚生年金
有給休暇など 法定どおり年10日間、最長20日
福利厚生 国内外での学会、セミナー等、一部~全額補助。
年1回慰安旅行、その他、年数回のお食事会、慰労会など。
歯並びが良くない人は、矯正治療を受けて頂くことが出来ます。
その他 基本給以外に歯科衛生士手当、皆勤手当が付きます。
単身者の場合は家賃の半額まで住宅手当を支給します。
毎週1回の外人講師による英会話レッスン等、福利厚生充実。
診療前の雪かきも含めてサービス残業は一切無し、有給は医療機関は冠婚葬祭以外にもライブや旅行に行って頂いて結構です(労働基準法遵守)。

矯正歯科の専門医院=特別な知識が必要なんじゃないかと考え、敬遠する歯科衛生士の方が多いと思いますが、今活躍してくれている歯科衛生士は、みんな矯正経験ゼロで入社された方ばかりですので、御安心下さい。
まず、面接を行い、お話をしたあと、半日~1日 見学していただきます。
その後で、お互いの同意が得られれば、正式に来ていただくようになります。

募集職種 歯科技工士
募集人数 1名
必要資格 歯科技工士免許

矯正歯科技工の経験は不問
給与 基本給/170,000円+下記手当
歯科技工士手当/15,000円
皆勤手当/5,000円
交通費/20,000円まで、或いは、住宅手当/30,000円まで
能力給別途支給
昇級/0〜5,000円/年、能力に応じて
賞与 年2回/計4ヶ月分、能力に応じて増減有り
勤務時間 月~土曜日の 11:00~19:00
お昼休みは上記時間内に交代で1時間取って頂きます。
休日は、日曜、祝日の他に月曜休みの週と木曜休みの週を隔週で設けます(完全週休2日)
加入保険など 歯科医師国保、労働、労災、雇用、厚生年金
有給休暇など 法定どおり年10日間、最長20日
福利厚生 週1回、外人講師による英会話のレッスン等、福利厚生充実
その他 うちで働いて貰う最低条件、これは納期を守って貰うことです。
全ての技工物の納期は2週間です。
いくら素晴らしい技工物でも、納期に間に合わなければ何の役にも立たない、ただのゴミです。
技工が下手なのは、練習すれば上手くなりますが、やらなければならない仕事を途中で投げ出したり、納期破りをする、これは技工士として失格です。

一般に歯科技工士さんの仕事はきつく、薄給であることが多いですが、上記を理解し、守ってさえくれれば、ひろ矯正歯科では、仕事に対するやりがいを実感出来、長期間頑張って頂ける職場だと思います。

募集職種 受付秘書
募集人数 現在は募集していません。
必要資格 特に資格は必要有りません。
性別問わず。
歯科衛生士免許を持っていて受付のみの仕事をを希望の方は、手当等優待します。
給与 基本給:170,000円+下記手当 
皆勤手当/5,000円
交通費/20,000円まで 住宅手当/30,000円まで
能力給別途支給
※歯科衛生士、歯科助手の有資格者であれば、規定の資格手当を加算します。
昇級/0~5,000円/年、能力に応じて
賞与 年2回/計4ヶ月分、能力に応じて増減有り
勤務時間 月~土曜日の 11:00~19:00
お昼休みは上記時間内に交代で1時間取って頂きます。
休日は、日曜、祝日の他に月曜休みの週と木曜休みの週を隔週で設けます(完全週休2日)
加入保険など 歯科医師国保、労働、労災、雇用、厚生年金
有給休暇など 法定どおり年10日間、最長20日
福利厚生 週1回、外人講師による英会話のレッスン等、福利厚生充実
その他 院長からメッセージ

歯医者の受付というと、「患者さんから御会計を預かりしてお釣りをお渡しし、次回の診療のお約束をお取りする、以上ぶー。」と思っている人が多いですが、実際には患者さん一人一人の個人的な事情、すなわち、お休みが比較的自由に取れる仕事か、時間が自由にならない仕事なのかを考慮し、患者さんの都合の良い時間帯をアポイント出来るように希望受診時間の傾向を患者さんごとに把握しなければなりません。

また、通院に何時間もかかる遠方から来ている方なのか、すぐ近くの方なのかによっても対応を考えなければなりませんし、次回の処置内容は何であるか、同じ時間帯に他にはどうゆう処置の人が入っているか等々も考えて、患者さんに負担がかからないように、かつ、医院のスケジュールにも無理がないようにアポイントをしなければなりません。

患者さんの顔と名前が一致しなければなりませんし、患者さんのお父さん、お母さん、ご兄弟の顔を見て、誰か分からないようでは困ります。

同姓同名の患者さんを取り違えてはなりませんし、患者さんやお客さんへの応対、言葉遣いや振る舞いにも失礼があってはなりません。かといって、変によそよそしくてもダメです。

受付で売っている歯ブラシなどの用品類の特徴や使用方法、他の製品との違いについても説明できなければなりませんし、電話では初診の方への道順の説明や処置に対する質問、患者さんからの相談や問い合わせにも、親切にわかりやすく、的確に答えなければなりません。
そのためには矯正歯科や、一般の歯科についても知識が必要になってきますので、自分からすすんで勉強しなければなりません。

他の医院の先生から電話がかかってきたら、何処の何先生か、同じ名字の先生を間違えないようにきちんと対応しなければなりませんし、業者の方や、大切なお客様がお見えになったら、失礼の無いように的確に対応しなければなりません。

診療時間中、誰かに言われなくても、待合室が快適に過ごせるように温度設定されているか、患者さん用のトイレは汚れていないか、玄関にゴミは落ちていないか、雨が降ってきたら患者さん用の傘は出してあるか等々、気を配らなければなりません。

院長は学会等で不在にすることが多いので、院長のスケジュールを間違えずに把握し、出張などのスケジュールの移動や変更が無いかを常にチェックして、秘書的な業務もこなして貰わねばなりません。

受付に座っているだけでなく、患者さんの口の中の写真を撮る際のアシスタントや、資格が必要ない内容の助手的業務もこなしてくれなければなりません。

顎変形症や、唇顎口蓋裂の保険請求もしなければなりませんし、ニュースレターや各種印刷物の期限も守らなければなりません。

毎日の仕事に何か改善できる点があれば、医局会で提案できる積極性も必要ですし、院長の診療姿勢や行動に改善の余地があれば、指摘してくれる建設性も必要です。

皆さんが毎月貰う「お給料」は、患者さんや親御さん達が汗水流して働いたお金です。
お母さんが子供の歯並びを治すためにファミレスやコンビニで深夜まで働いて得たお金なのです。
患者さんを粗末にしたり、患者さんの期待を裏切るようなことがあってはならないのです。

そのためには、自分に出来ることを一生懸命やり、常に謙虚な姿勢を忘れず、誰に対しても嘘をつかない、ということが最低条件です。

歯医者の受付なんて簡単だろうと、安易な気持ちで来られても半年持たないと思います。
本当に根性のある人のみ、応募して下さい。


募集職種 歯科医師
募集人数 1名
必要資格 特にありませんが、実際に会って、話をすることが必要です。
給与 基本給 / 170,000円
歯科医師手当/0〜40,000円
皆勤手当/5,000円
交通費/住宅手当:20,000円まで/30,000円まで
昇級/0〜5,000円/年、能力に応じて
賞与 年2回/計4ヶ月分、能力に応じて増減有り
勤務時間 月~土曜日の 11:00~19:00
お昼休みは上記時間内に交代で1時間取って頂きます。
休日は、日曜、祝日の他に月曜休みの週と木曜休みの週を隔週で設けます(完全週休2日)
加入保険など 歯科医師国保、労働、労災、雇用、厚生年金
有給休暇など 法定どおり年10日間、最長20日
福利厚生 年1回海外研修、国内外での学会、セミナー等の補助は、ドクターは別途定めます。
その他 歯科医師としてのレベル以前に、人間として仁義礼智信をわきまえていること、これが最低条件です。

以前、リンガルを勉強したいと言って、うちに来た先生がいました。
将来有望でしたが、つまらないことで私に噛みつき、師弟関係が崩壊しました。
その先生は、あちこちの大学教授や知人に電話をしまくり、私のことをコケ降ろした上で、同日午後退職。
私は自分の悪いところは認め、頭を下げて謝り、もう一回やり直そうと言いましたが、無視。
離職手続きは即行ったにもかかわらず、離職手続きをしてくれない、と関係事務所に電話をしてゆく等々、信じられない嫌がらせを受けました。

また、ある歯科医師は、矯正のキョの字もわからないが教えてやってくれと教授から頼まれて受け入れました。毎日朝から晩まで私の言うことを聞かずに無駄に時間を過ごし、こちらもある日突然退社。

皆さん、これを読んでどう思いますか?
私は自分の都合の悪いことを書かず、この歯科医師達のことを誇大に書いているのではありません。
これが事実で、歯科材料店の人も驚いています。
もちろん、たまたま巡り合わせが悪かったのかも知れませんが、真摯に謝ることも出来ない人間は、患者さんに接する資格は無いと思います。
私は自分の悪いところはいつでも反省し、相手が誰であれ、心から謝る事が出来る人間です。

歯科医師不信から歯科医師募集はしていませんでしたが、普通の常識を持っている先生がいれば、実際に会って、お話しをしたいと思います。

連絡先:メール(info@mienai.com)、電話(0263-54-6622)