menu
MENU

院長日誌

  • 2021年、年頭に際し

    皆様、あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いします。

     

    2020年は、皆様にはどんな年だったでしょうか。

    私はといえば、永年抱えていた問題がいくつもいっぺんに解決し、厄払いが出来たことを考えると、コロナを除けば良い1年だったと思います。

     

    はやいもので、コロナが騒がれ始めてから1年が経ちました。

    2020年1月に Dana Pointで開催された Angle Orthod. Midwest annual meetingに参加の際には、今ほど世界中に拡大はしていませんでしたが、私自身は感染予防に神経を尖らせ、空港での人との距離を保ち、ラウンジでも取り分け形式の食料、飲料は一切取らないようにしていました。

     

    年末年始の COVID-19の新規感染者数、重症患者数、死者数は、どれをとっても大変な勢いで増加しています。

    私の周りにも、お店が営業出来なくなり、自宅を失った人がいます。

    私の親友の義母はコロナに感染して、呼吸困難で苦しみながら死んでいったそうです。

    重症化病棟の先生達、看護士さん達は、家族の待つ自宅に帰らず、死ぬ思いで治療に当たっておられます。

     

     

    まさに命がけで患者さんの手当をしておられ、本当に頭が下がります。

    にもかかわらず、「自粛を自粛」などとふざけて多人数で居酒屋で騒いでいる大馬鹿者もいれば、「コロナなんて存在しない」、「コロナはフェイクだ」、「ただの風邪だ」、「コロナの死者数には餅を喉に詰まらせて死んだ人もカウントされている」などとSNSに書いている人もいますが、非常識にも程があると思います。

    ただの風邪、フェイクというならば、重症患者病棟でマスクを付けないで廃棄物処理をして頂けないでしょうか。

    ただの風邪なら何も怖くない筈です。

     

    ドクター、ナースの皆様、本当に本当にお疲れ様です。

     

    スーパーに買い物に行っても、いまだにマスクせずに派手にクシャミをしたり、咳をしたり、大声で騒いでいる人がいます。

    私はそうゆう時は、息を止めて出来る限り速くお店を出ることにしていますが、こうゆう人がいる限り、感染は止まらないと思います。

     

    この日誌を書いている今現在、再度緊急事態宣言が出されており、長野県内の患者数も増加しています。

    成人式で東京などから帰省した人達と式場で大声で騒ぎ、そのあと居酒屋に言って大騒ぎする。

    それで感染して、家に帰り、家族に移してしまい、親や祖父母を死に至らしめる。

    家族が死んでから後悔しても遅いのだということがわからないでしょうか。

    飲み歩いている人、食べ歩いている人は、よく考えてみて下さい。

    私が学長なら、そのような学生は2週間停学処分、自宅謹慎にします。

    飲み歩いている人は、それくらいダメなことをしているのだと気付いて頂きたいです。

     

    あなたが感染源となり、あなたの家族や大切な友達が安置された時のことを想像してみてください。

     

    政治家は飲食店だけを悪者扱いし、8時までの時短営業に従わなければ店名公表などの罰則化をすると言われていますが、悪いのは「飲食店」そのものでは無く、「飲食店で大騒ぎする客」の筈です。

    飲食店の営業を規制するのではなく、飲食店に行く客に対する対策を立てない限り、根本解決にはなりません。

    もしも私が指導する立場であれば、以下を実行します。

    1. 繁華街のネオンや看板の照明、赤提灯など、全て消灯させる。ネオンが派手に点灯していれば出歩きたくなりますし、赤提灯をみれば一杯飲んで行きたくなります。ネオンサインが消灯し、真っ暗でゴーストタウンのようになっていれば、出歩きたい気持ちも少なくなるはずです。消灯による広告料の賠償が必要であれば、布マスク配布のような感染予防に役に立たないものに何百億円も使っていないで、そうゆうところ使えば良いと思います。
    2. 飲食店は、窓やドアを開けて換気を確保していれば営業は自由とする。私自身は大好きなラーメン屋も窓が閉まっているので、食べに行きません。窓が開いていて、感染対策がされていれば利用するかも知れませんが、状況判断です。現時点ではしっかり距離をとっているテラス席以外は全てパスしています。
    3. 飲食店は、それが居酒屋であっても、酒類の提供は禁止とする。酒が入ると、気が緩み、声が大きくなり、感染拡大の原因となります。帰り道などで騒ぐ可能性もあります。酒を飲みたければ、家で飲むように指示します。
    4. 飲食店の全ての席をパーティションで仕切り、soloの客しか受け入れない。席もsingleのみとする。4人までならOKとか、短時間ならOKとか、根拠の無いことが推奨されていますが、2人集まれば必ず喋ります。特にお酒が入れば、陽気になり、飛沫感染が起こる状況となります。1人で黙って食べていれば、そのような機会は無くなります。
    5. 大テーブルの焼き肉屋などでは、焼く人の席をコンロと一緒に仕切り、焼いたら他の席に配膳する。ワイワイガヤガヤ出来なくて楽しくないでしょうが、ワイワイガヤガヤが飛沫感染を起こしています。同居の家族であれば問題ないと思われるかも知れませんが、飛沫はその近くのテーブルの他のお客さんに影響を及ぼします。
    6. クシャミ、咳をするときにはハンカチで押さえ、飛沫が飛ばないように徹底させる。これは飲食店以外でも常識ですが、これに違反したら即退店させ、会計は店の外で行う。
    7. 飲食店では、客が望めば、汁物を含む全てのメニューをテイクアウトOKとする。但し、容器は客が持参し、持ち帰りは全て客の自己責任とする。
    8. メディアは感染者数ばかり報じていないで、重症化して苦しんでいる人の動画を流す。そうすれば国民の意識も変わる筈です。

    まだ他にもありますが、飲食店に対しては、これらを実行すれば営業不振で倒産するお店も減り、感染者数も減少すると思います。

     

    ひろ矯正歯科は、新型コロナの影響はといえば、保定中の患者さんには個別に電話して、来院を延期するかどうか希望を伺い、電話で保定装置に問題が無いという患者さんはアポイントを延期しました。

    治療中の患者さんや、保定のチェックが必要な方には、患者さんが少しでも安心して治療を受けて頂けるように、いくつか対策を行っています。例えば、

    1. 患者さんの体温チェックは入室後すぐではなく、数分してから行う。体温は寒いところにいても変わりませんが、体表面の温度は低くなるため、実際の体温よりも低く出ることが多いからです。
    2. 患者さんだけではなく、私達スタッフの全員の体温も毎日掲示しています。
    3. 診療に際しては、換気のために窓を開けています。厳寒の時期、ヒーターを最強にしていても寒いですが、安心して来院して頂けるよう配慮しています。
    4. 処置をする際には、私達の背後から患者さんの足下の窓に向かって扇風機で風を送っています。寒くて震えますが、感染予防のためです。これは想像した以上に有効ですので、まだやっていない歯科の先生は是非やってみてください。
    5. 診療にあたっては、私達はマスク、フェイスシールド、グローブを使用
    6. 患者さんには、処置の時以外はマスクを付けて待って頂いています。
    7. 布マスクやウレタンのマスクを使っている方が多いですが、これらは感染予防効果が低いので、これらをお使いの患者さんには、受付で不織布のマスクをお渡しして、交換して頂いています。
    8. 2才以下はマスクをしない方が良いという小児学会の見解がありましたが、これはup dateされておらず、2才以下でも重症化して死亡した例があります。また、2才以下でも感染すると、他の人に移すことが明らかとなっていますので、ひろ矯正歯科では、2才以下のお子さんにも受付でマスクをお渡しし、装着して頂いています。同意頂けない方は、車の中でお待ち頂くようになります。
    9. 不特定多数の人が触れる雑誌は全て撤去、廃棄しました。
    10. 好評の3Dパスルも1個のみとし、診療後に毎回消毒しています。
    11. トイレや玄関ドアなど、多人数が触れるところは1時間毎に消毒しています。
    12. くしゃみや咳をしたら、即刻退室して頂きます。モラルの問題ですし、他の患者さんへの配慮でもあります。

    他にもまだまだありますが、代表的な事柄のみ記しました。

     

    感染防止関連の支出が驚くほど増えましたが、補助金、給付金は実際にかかった費用の一部にしか過ぎず、例えば、感染予防のために増えた光熱費などは支給されません。

    扇風機は、現在使っているものよりも暖かい温風扇風機もありますが、消費電力は1200W、これを5台稼働させれば6000W、これが毎日、朝から晩までフル稼働となると、電気代は相当なものになりますので、どうしたものかと思案中です。

     

     

    12月29日には、仕事納めを行いました。
    いつもは、浅間温泉などの旅館で温泉に入り、御馳走を頂き、ビンゴ大会をしますが、今年は缶コーヒを買ってきて、ひろ矯正歯科の2階で1年を振り返り、ビンゴ大会をして終わりました。

     


    1年を振り返っての挨拶と、御給料の手渡し。いつも御給料は直接手渡ししませんが、年末の最後の御給料は1年間の感謝を込めて、記念品と一緒に直接手渡しします。1年間頑張ってくれたことを思うと、自然と頭が深く下がります。

     

    お楽しみ、ビンゴ大会、いつもどおり、豪華景品を準備しました。

    大当たりの人もいれば、小当たりの人もいましたが、喜んで貰えると嬉しいですね。

    みんな、今年も1年間いろいろと御世話になり、有り難うございました。来年も宜しくお願いいたします。

     

     

    コロナとは関係ありませんが、日本国民にとって忘れてはならない大切な事がもう一つあります。

    メディアは毎日コロナの事ばかりで、福島原発の放射能汚染の事を全く報じていません。

    番組によっては毎朝 PM2.5の数値をレポートしていますが、隣国の大気汚染よりも、自国の放射能汚染のほうが遥かに大事なはずです。

    これこそがまさにプロパガンダであり、事実を報道して欲しいと思います。

    殆ど報道されていませんが、トリチウム汚染水を海洋放出するというのは、取り返しのつかない大問題であると思います。

     

    コロナ対策にしても、原発事故対応にしても、オリンピックにしても、政府の対応を見ていると、腹立たしい限りです。

    緊急事態宣言を一都三県に出して、大阪をはじめとする他の府県から、うちも含めてくれと言われるようでは終わってます。

    変位種が国内に何例も確認されてから入国制限しても手遅れ、やることが遅すぎます。

    どんな会社も指導者の指揮・判断が間違っていると、その会社は潰れます。

    政策といい、タイミングといい、何をやっているのでしょうか。

    頻繁に会食をしている場合では無いと思いますが。

    アメリカの昨日24時間の新型ウィルスによる死者数が4470人だそうです。
    4470人というと、大きなコンサートホール満員、満席の観光バスが100台分。
    これを多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれでしょうが、はっきり言えることは、日本の感染者数はPCR検査を受けて公表されている数字よりも遥かに多いことは間違い無いという事です。

    このような状況ですが、皆様にとって良き一年となりますよう、お祈り申し上げます。

     

     

    注)コロナの写真はネットで公開されているものを拝借しました。

     

     

  • 2020/10/26

    誕生日

    先日、私の誕生日にスタッフがお祝いをしてくれました。

     

     

    毎年祝ってくれるのは本当に有り難いことです。

    みんな、ありがとう!

    これからも宜しくね!

     

  • 2020/06/19

    ネットへの誹謗中傷

    以下のブログは、2019年9月にアップしたもので、一旦非公開としておりましたが、最近でもGoogleにクダラナイ書き込みをする人がいるので、一部加筆修正し、再度公開することにしました。

    思い当たる方は、よく読んで、自分のやっていることをよく考えてみてください。

     

    ーーーーーーー

     

    皆さん、食事に行く時や、ホテルを探す時など、Google mapで目的地近辺をサーチして行かれる方が多いのではないでしょうか。

    Googleから得られる施設情報は、グルメサイトや宿泊予約サイトに比べて写真点数が多くて参考になるのと、海外でも情報が得られるので、自分もよく利用しています。

     

    ひろ矯正歯科をGoogleで調べると、他の施設同様、いろいろ書き込みがあります。

    口コミサイトの中には、悪口を同業他社が書き込んでいるものもありますので、今までは何を書かれようが無視してきましたが、私の患者さんが事実と異なる酷い誹謗中傷を長々と、まことしやかに書き込んだ事例がありましたので、調査を行った上で弁護士に相談しました。

     

    先生は、事実なら仕方が無いが、事実でないならば酷すぎるので、損害賠償請求・慰謝料請求をしましょう(約 200万円)とのことで、まずは先生の指示どおり、本人の家に電話し、お父さんに事情を話しました。

    すると、お父さんはすぐに本人に連絡してくださり、即刻、投稿は削除され、その直後、ご両親は医院まで来てくださり、ただ平謝り。

     

    数日後、お父さんが本人を連れて謝罪のために来てくださったので、私はレントゲンを見せて、「カッパのような口元」は、非抜歯治療が原因ではないという事を説明して誤解は解けましたが、 Googleへの掲載期間 3ヶ月、閲覧数 800人、ネット風評というものはシェア、フォロー、リツイート等々で爆発的に拡散してゆくものです。

    私には守らないといけない患者さんが数千名、守らないといけないスタッフや家族もいます。

    30年近くかけて積み上げてきた ひろ矯正歯科の信用と実績が無になってから名誉毀損で法廷で争ったところで手遅れ、取り返しがつきません。

    先生は、訴訟は起こさないにしても、「書き込みを削除しました、すみませんでした」では済まされることではない、最低限、その書き込みに対する説明を掲載して貰ったほうが良いでしょう、と御指導いただき、その掲載内容と、事実関係を公開するに至りました。(内容は文末に記しますので、興味ある方はお読みください。)

     

    私は歯科医師免許を下附されてから今まで、お金のことは一切考えず、患者さんの治療の事だけを考えて、一生懸命、歯科矯正学に真剣に取り組んできました。

    ひろ矯正歯科がネット上でいろんな誹謗中傷を書かれていることは知っています。

    下に示す「あい」なる人間の書き込みは、事実無根で、極めて悪質な業務妨害の例です。

    私の事を可能な限り侮辱して書いているつもりでしょうが、セカンドオピニオンで来て、治療もしていないのに、なぜ治療技術が最悪だとかわかるのでしょうか。

     

    本当に受診した患者さんで、不愉快な思いをした等、言いたいことがあれば、直接言えば良いことで、直接言えないなら、メールで送る事も出来る筈です。

    ひろ矯正歯科のHPには、「皆さんの声」を書き込むところも設けてあり、実名で投稿頂いた患者さんには、至らぬところは謝罪し、来院された時にも真摯に謝罪しています。

     

    一時期、食べログが問題になりましたが、相手の住所や連絡先などが公開されているところに、自分の正体を明かさずに誹謗中傷を書くというのは、最も卑怯で、最も卑劣な行為だと思います。

    夜中に覆面を被って、他人の車に傷をつけるのと同じくらい卑劣な行為です。

     

     

    この「あい」は、本人特定のために調査し、個人を特定出来ました。

     

     

    毎年、ネット虐めで不登校になったり、自殺したりする子供達がたくさんいます。

    ネットに悪口を書いて喜んでいるあなた、あなたがもし、自分の住所氏名顔写真などを公開され、「コイツは精神異常者だ」、「コイツは変態性欲者だ」、「コイツはエイズだ」等々書かれて、それが拡散したらどうしますか?

    事実と異なることをネットで拡散する、これは立派な犯罪であり、しかも匿名でやるのは卑劣極まりない行為です。

     

    歯科に限らず、同業他社の悪口を書いて足を引っ張ろうとする心病んだ大馬鹿者がいます。

    負けて悔しいなら、相手の邪魔をするのではなく、自分の力で相手を追い越すように努力すれば良いだけの話です。

    事業所名や住所、電話番号、代表者氏名などが公開されているところに、事実と異なる誹謗中傷を書き込むという事は、名誉毀損、業務妨害といった刑法犯に属しますので、私は調査依頼し、書き込んだ者が特定出来次第、徹底的に闘います。
    やっている本人は、誰かわからないと思っているでしょうが、あおり殴打事件のガラケー女と間違われた Aさんの件を見てください。拡散した者や、リツイートした者までもが特定されています。

    こういった行為は、刑法犯ですから、警察が動きます。

    ある日突然、警察があなたの家にやって来るかも知れません。

    成人していれば、顔写真、氏名が新聞などに公開されるかも知れません。

    あるいは、ある日突然、訴状が届くかも知れません。

    それでも事実と異なる悪口を書きたければ、覚悟の上で書いてください。

    私個人が標的にされるならまだしも、何も関係ない他の人に迷惑をかけるような卑劣な行為は放置するわけにはいきません。

     

    書いている人の中には、「誹謗中傷ではない、これを読んで考えて頂きたいのです」と主張する人もいますが、自分が正しいと思うなら、HNではなくて、本名で投稿するとか、あるいは、来院時に直接言う、それができないなら、ひろ矯正歯科の「皆さんの声」に投稿するなど、方法はいくらでもある筈です。

    すでに記したとおり、実名で投稿頂いた患者さんには、至らぬところは謝罪し、来院された時にも真摯に謝罪しています。

    「これを読んで考え頂きたい」など、何を勘違いしているのでしょうか?

    少なくとも、このような卑劣な人間に「星1つ」などと評価される筋合いはありません。

    こうゆうことをする人間こそが「星1つ」だと思います。

    こういった卑劣なことをする人とは、今後一切のお付き合いを遠慮させて頂きます。

    はっきりと書きます。

    来られても信頼関係が崩壊している患者さんとは診療が出来ませんので、他の医院にいってください。

     

    世界屈指の頭脳集団である筈の Googleが、なぜこんなクダラナイ ネット犯罪の片棒担ぎをするのか理解出来ません。

    口コミが必要だと考えるなら、実名のみ受け付けるようにすれば良いのです。

    そうすれば、みんな自分の書き込みに責任を持つでしょう。

    さらに、Googleはユーザーアカウントがわかっているのですから、すでにある書き込みは全て、予告無しで実名公開に変更すれば良いのです。

    そうすれば、嘘の情報を流した者は青くなって、すぐに書き込みを削除する筈です。

     

    HNでいろんなお店の写真をアップして、コメントを書いて、Googleでアップグレードを目指すなどとクダラナイことに一生懸命になっていないで、自分の人間性をアップする努力をしたらどうでしょうか。

    私はいくら不愉快な思いをしても、こうゆう卑劣なことをするほど心病んではいません。

     

    以下にKAさんの書き込みと、それに対する説明文を記します。

     

     

     

    解説:

    1. この患者さん(以下KAさんと記します)を非抜歯で行ったのは、治療開始時の年齢や凸凹の状態、臼歯関係などから、Headgearが奏効すれば非抜歯で十分に治療が出来ると診断したために、非抜歯で治療しました。
    2. KAさんは、治療によって口元が異常に突出したと記していますが、治療終了時のレントゲン分析から、治療終了時の上下の前歯は前突していないことが証明出来ています(下図参照)。
    3. 「カッパのような口元」、「上顎が異常に突出した」のは、治療終了後に下顎の成長が起こり、下顎の前歯が上顎前歯を唇側に傾斜させたためであり、KAさんの言うように「治療によって上下の歯全体が突出した」のではありません(下図参照)。
    4. これらは治療前後の側貌頭部X線規格写真分析から証明されています。
    5. 矯正歯科治療の目的は、患者のデータを全てポリゴン表の標準偏差内に持ってくる事では無く、その患者さんの骨格にあった治療をすることです。抜歯・非抜歯の判断は、レントゲン分析や模型分析だけではなく、その患者さんの骨の位置・大きさ・幅、上下顎が咬合したときの前後的関係、上顎および下顎の垂直的位置、臼歯関係、犬歯関係、歯の近遠心的・頬舌的傾斜、前歯の位置や傾斜、Overjet、Overbite、歯根の長さや弯曲状態、骨の厚さ、鼻の高さ、唇の厚さ、頤の出具合などに加えて、Growth spurtはいつであるか、遺伝的要素はどうであるか、なども考慮して最終的に判断しなければなりません。矯正歯科で用いる標準偏差図表は、患者さんのデータが平均値・標準偏差と比べてどのようになっているかを知り、上記のさまざまな要素を考慮して抜歯・非抜歯を決めるのであり、標準偏差内に持ってくる事、平均値に持ってくる事が矯正治療の目標ではありません。臨検の血液検査などは異常値があれば病気であり、正常範囲内に持ってくる事が望ましいですが、矯正歯科は血液検査とは違うのです。
    6. KAさんは、私が失敗したと記していますが、1~4のとおり、矯正治療を失敗したのではありません。現在の口腔内の状態は、歯肉、歯槽骨ともに非常に健康な状態を保っています。
    7. 現在の下顎の大きい状態で小臼歯を抜歯して治療すると、上顎前歯の傾斜角は標準偏差に持ってくる事が出来ますが、下顎骨体の大きさ、頤の位置は変わらないために、@@@@@は@@@@が@@して目立った状態となり、@@@@@@@@のような@@@になることが予想されます。
    8. さらに、現在の状態で@@@@を行えば、現在の健康な歯肉・歯槽骨は@@@、下顎前歯部の歯肉は@@@、下顎の前歯は@@@@@@@@@@@と呼ばれる@@@@@になることが予想されます。(現在治療中の医療機関への影響を避けるため、内容は伏せて@で表示してあります。)
    9. 実際にかかった費用は766,159円であり、100万もかかっていません。
    10. 2016年にお父様と来院された際に、抜歯して再治療をするとどうなるか、側貌予測などを見せた上で、それでも抜歯して再治療を希望されるならば、そのようにすることは可能であること、再治療の料金は頂かないということを説明しました。その際、私の説明を理解したお父様は、抜歯して再治療はしない方が良い、このままで良いと仰っていましたが、その時、KAさんは父親に大声で喰ってかかったことが記録されています。その時はもう一度再考するという事で帰宅されています。その際には私はキレる理由はなく、「お大事にどうぞ」と言って見送っています。
    11. その1ヶ月後、リテーナーは他医で除去してきたが、出来ればもう一度付けて欲しいと希望されましたので、技工料などは一切頂かずに対応しました。
    12. その後もKAさんは他医を受診し続け、上記から半年後、某大学の矯正歯科で診断した結果、上顎前突と診断され、4本抜歯で治療する事となったので、再装着したリテーナーを再々度除去して欲しいと来院されたので、希望どおり対応しました。
    13. その際、治療開始時からのレントゲン、口腔内写真、診断用模型等の全ての資料を複製してお渡しし、複製料などは一切頂いていません。
    14. 転院の紹介状の封をしなかったのは、私の知らないところで受付が勝手にそのようにしていたことで、他の患者さんにも封をせずに手渡ししていたようです。これは受付の非常識で、今回の書き込みがある前に厳重注意してあり、現在改善済みです。
    15. 事実は上記の説明のとおりであり、キレた態度は取っていません。キレる理由がありませんし、キレたところで損をするのは私自身であり、永年築いてきた信用を損なうことになります。お父様の前でキレれば、お父様は黙っていないと思います。
    16. 私からの返答は以上で、これらには嘘や偽りは何一つありません。

     

     

     

    左が治療前、右が治療後、レントゲントレースの下の方眼紙に書いてあるのは、プロフィログラムというもので、青が同年代の平均的な横顔、黒が治療前の状態、赤が治療後の状態です。治療前後のプロフィログラムでは、いずれも下顎が若干大きいですが、治療後のプロフィログラムでは、上顎の歯は突出してはおらず、平均的な横顔の範囲におさまっており、治療は問題ないことがわかります。

     

    これはKAさんを攻撃するためにアップしているのではありません。

    計り知れない拡散への対応策と、ネット犯罪撲滅のためにアップしております。

     

1 2 3 4 5 47
to top