menu
MENU

相談室

歯科矯正で悩んでいる方、お困りの方へ

ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、矯正治療についての相談や、他医院で治療している方の相談など、困っておられる方の相談にお答えいたします。
また、このホームページ内でご紹介している治療方法や、治療費用等々、ご相談にもお答えいたします。

  • 小学2年女子、過蓋咬合と上顎前突

    2019/08/06 08:07 投稿者:ぼん [xxx.167.0.226]

    乳歯列の時から過蓋咬合です。ただ今上下前歯8本永久歯、6歳臼歯、さらに上に生えかけてる永久歯が2本あります。
    今も噛み合わせると下の前歯は全く見えない状態の過蓋咬合です。
    1軒目の矯正歯科での相談では、機能的矯正装置を約2年。詳しい検査をしてみてヘッドギアも就寝中につけるかも。これから生えてくる永久歯のスペースは無いので将来は抜歯矯正に必ずなるとの事。
    2軒目の別の矯正歯科では、上顎に取り外し可能な装置をつけ、奥歯が噛み合わない状態にして奥歯を伸ばす事と就寝中のヘッドギアを提案されました。
    上記2軒の医師の治療器具が同じものを提案されてるのかは、私にはわかりません。

    どちらの医師も、噛み合わせが深いので第1期治療を開始した方が良いとの見解でした。レントゲンも撮影されての判断です。
    私の考えとして、ただガタガタしている歯並びであれば、中学2、3年生の成長が落ち着いた頃に抜歯矯正をと考えていましたが、深い噛み合わせの過蓋咬合は今ぐらいから始めた方が良いのか、また今始める事で健やかな歯の成長を変に阻害されないか迷っています。
    また、ヘッドギアが必要なものかどうかもわかりません。
    どのように思われますでしょうか?

    ぼんさん

     

    こんにちは、お盆でお返事が遅くなり申し訳ありません。

    現在、下顎の前歯が口蓋を噛んでいて、痛くて食事が出来ない状態であれば、治療を開始したほうが良いと思いますが、そうでなければ、女の子の下顎の成長する時期を考慮して、自分ならおそらく10才くらいに2軒目の先生と同じような治療を開始すると思います。

    今始めることで歯の成長を阻害することにはならないと思いますが、治療期間が長くなる可能性はあります。

     

    また、1軒目の先生の言う「将来的に必ず抜歯が必要」という判断は現時点では出来ないと思います。

    毎日、少しで良いので、硬い物を噛むように心がけてください。

    硬い物とは、おせんべいとかでは無く、イカの足とか、ビーフジャーキー、魚の干物などで、数回噛んで飲み込むのでは無く、アゴが疲れるくらい一生懸命噛んでください。

    そうすることで、将来的に永久歯が生えてきたときに、叢生の程度が軽くなることがあります。

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top