menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

現在、相談の受付を停止しています。
 
2004年から矯正に関する疑問などにお答えして来ましたが、先日書き込みのあった方から、問題は解決したので書き込みを削除してくれとメールがあり、出来ないのでそのままにしていたら、ひろ矯正歯科に電話がかかってきて、削除してくれとのこと。
電話対応したスタッフに 削除は出来ない旨を伝えてもらいました。
すると、再度電話がかかってきて、何で出来ないんだ、と文句を言われました。
 
困っている患者さんのために、無償で 20年間やって来ましたが、こんなことで絡まれるのは、まっぴら御免ですので、当分の間、相談の受付を停止させて頂きます。
 
ーーーー
 
ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で矯正治療をしているが困っているという方や、セカンドオピニオンが欲しい方などの相談にお答えしています。
忙しいので、すぐにはお答え出来ませんが、大体1週間以内にはお返事出来るように努力しております。
時間的制約から、矯正歯科に関する相談にのみ回答させて頂きます。
 
相談内容の中には、明らかに医師側に問題ありと考えられる場合もあり、その際にはかなりシビアなお返事を書きますが、訴訟を煽っているわけでもなければ、他医の業務妨害をするつもりはありませんので、誤解無きようお願いいたします。
また、返答内容は、私が矯正歯科専門医として長年培った知識と臨床経験に基づくものであり、あくまでも私の私見です。
私の言っていることが絶対に正しいという保証はありませんので、御承知下さい。
 
お名前やメールアドレスは公開されませんが、偽のメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。
また、システム上、投稿内容は私どもでは一切修正出来ませんので、個人情報や誹謗中傷が含まれているものには回答致しません。
相談は回答していなければ非公開ですが、返答したものは公開されますので、書き込んだ相談を削除してくれと言われても出来ません。
 
ひろ矯正歯科に通院中の方は、診療の際に御相談頂いたほうが詳しく説明出来ますので、ここに書き込まれてもお返事はいたしません。
 
 

  • 現在の歯の状態が気になります

    2024/01/11 23:21 投稿者:ぺんぺん [xxx.238.188.192]

    はじめまして。
    現在矯正を始めて5年目になります。
    保定期間終了して1ヶ月で下の前歯が動き、治療再スタートとなって2ヶ月目になりました。

    相談したいことがいくつかあります。

    まず、終了時に上の抜歯した二ヶ所に目で見てわかるくらいの小さい隙間が空いたまま終了になりました。
    これは塞がらないのか確認しましたが、これ以上前歯を下げられないから無理だと言われ、方法は歯につめもの?をして歯を大きくするしかないとのことでした。(片方は隣が銀歯の詰め物があり、その銀歯を白くする時に隙間埋めてくれって言ったら埋めてくれるよ、と言われたので他の歯医者で白くする時に埋めましたが反対側は空いたままで食べ物が挟まります)
    この隙間は仕方ないのでしょうか??

    そして下の動いてしまった前歯ですが、もうすぐ元に戻り保定期間に入ります。
    保定期間が前回は一年でしたが、今回は歯を動かすのが二回目だから二年と言われました。
    5年かかったのに更に2年追加で、費やした額もどんどん大きくなってきて正直しんどいです。
    わざと伸ばしてるわけではないと思いますが、この動いた歯も先生が気付いた訳ではなく、自分で気になって相談したら動いてるね~という軽い感じだったこともあり最近は先生に対して不信感しかありません。

    そして保定するものが前回はリテーナーでしたが、今回はそんな大がかりじゃなくていいとのことでワイヤーを着けたままにするというお話でした。
    正直見映えも悪いしワイヤーつけたままにするくらいならリテーナーの方がいいんですが部分矯正になると保定はワイヤーのつけっぱなしなんでしょうか??
    そしてもう一つ、ワイヤーを歯の裏側につけて保定することもできるがそうなるとワイヤーごと接着剤でつけるから定期検診で来院してもワイヤーを外して歯を掃除することが出来ないと言われました。じゃあ歯の裏側につけて矯正する人はどうなるの?と疑問しかありません。

    ここまで疑問が増えてくると先生に対して不信感ばかりが大きくなり、最近は上の前歯も動いてきてないか??と毎日鏡を見てモヤモヤしています。

    自分に矯正の知識がない以上先生の言うことを信じるしかないですが、こちらに相談できると知って他の方ならどういう矯正をするのか知りたくて相談させていただきました。
    うまく質問をまとめきれていなくてすみません。
    お時間あるときにお返事いただけたら嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    ぺんぺんさんへ

    はじめまして。
    まず、隙間に関してですが、上下の歯の大きさのバランス(tooth size)に問題が無ければ、基本的に治療終了時には隙間は残らずにしっかりと閉じて終了することが出来る筈です。
    希に咬合力、治療前の状態や舌の影響などで、コンタクトが緩めになる事は無くはないですが、見た目で隙間がわかるほど開いたまま終わるということは考えにくいです。

    保定は一般的には2年間としている先生が多いですが、2年では絶対に不足です。
    ひろ矯正歯科では歯の裏側に保定専用の細いワイヤーを保定専用の接着剤で付けて保定し、期間は永久保定を希望される方が殆どです。

    舌側に接着式のリテーナーが付いていても、フロスや歯間ブラシは使う事が出来ますので、虫歯や歯周病の心配はありません。
    ひろ矯正歯科では治療終了後3年間は半年ごとのチェック、3年以上継続する場合は最低でも3年に1度のチェックに来院して頂いていますが、虫歯、歯周病などの問題は見られません。

    また、保定費用を別に請求する先生がいますが、矯正治療後には保定が必ず必要ですので、ひろ矯正歯科では治療の一環として保定費用を別途請求することはありませんし、それが普通であると思います。
    保定費用を別に請求する理由が私には理解出来ません。

    その先生の言っていることはおかしい部分が多いですので、お近くの日本矯正歯科学会の臨床指導医の先生のところに相談に行かれてはいかがでしょうか。

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top