menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で治療しているが困っているという方の御相談や、矯正治療についての費用、開始時期等々、何なりと御相談ください。
お名前やメールアドレスは公開されませんが、間違ったメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。

  • ブラケットオフ後のキズについて

    2021/02/17 18:24 投稿者:しとみ [xxx.177.245.182]

    廣院長先生、はじめまして。
    しとみと申します。

    神奈川の矯正歯科で一昨年の末にブラケットを外し、今はリテーナで保定をしております。
    そのブラケットを外した際の事ですが、先生がワイヤーとブラケットを外されたのち、歯科衛生士さんに交代して歯に残った接着剤を削ってもらいました。
    最初は機械で削っていたのですが、途中から手に持った器具で顎が持っていかれるぐらいガリガリ全ての歯を削り始め、だいぶ長い時間削っていたので、こんなに削って大丈夫なのかな…と思っていました。
    恐る恐る鏡を見ると、ブラケットが着いていたほぼ全ての歯が刃物の切り傷みたいな感じで削られてツヤがなくなっていました。
    最初はまだ接着剤が残っているのかと思いましたが、素人目から見ても、そうではないのは明らかでした。
    翌月また矯正歯科に行った際に、キズのようになっていますと申し出ましたが、そんな事でキズにはならないの一点張りで、そんなに気になるなら磨いて段差を滑らかにしましょうと言われ、やっていただきましたが、ほとんど変化はありませんでした。
    このまま泣き寝入りするしか無いのかなとも思いましたが、悔しくて諦められません。
    かかりつけの一般歯科の先生にもご相談して、大学病院等にセカンドオピニオンを求めるため紹介状をいただけないかとお願いしましたが、お断りされました。
    訴訟などになると精神的にも金銭的にも大変だからやめた方がいいとの事です。

    廣院長先生にご相談するのは筋違いかも知れませんが、藁をもすがる思いで送らせていただきました。
    接着剤の残りではなくキズである事を立証できる何か良い方法はありませんでしょうか?
    矯正の担当の先生とはなるべく対話で解決したいと思っております。
    お忙しいとは思いますが、ご教示いただけますと有り難いです。
    どうぞ宜しくお願いいたします。

    しとみさんへ

     

    はじめまして。

    矯正の接着剤は、大きく分けると2種類に分けられます。

    1つ目は、4メタと言われるもので、粉と液が反応して硬化するもので、比較的柔らかいのが特徴です。

    2つ目は、コンポジット系と言われるもので、吸水性も少なく、耐摩耗性も高い物です。

     

    いずれも装置を撤去した後は、歯面に残った接着剤を除去しますが、1つめは通常、スチールバーでゴリゴリと削り落としますが、健康な歯の表面はスチールバーでは削れません。

     

    2つめは、通常は専用のバー(エアータービン)を使って歯科医師が削って行くことが一般的です。

     

    文面を読む限り1つ目かなと思われ、バーでゴリゴリと削り落とす際は、かなり頭に響いて不快ですが、歯のエナメル質は通常削れません。

     

    鋭利な手用スケーラーで激しく引っかけば、歯面は傷は付くと思いますが、しとみさんのお口がどのような状況で、どの程度の傷が付いているのかは見てみないとわかりません。

     

    お近くの一般歯科に行って見て貰ってはいかがでしょうか。

    以上、御参考になれば幸です。

     

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top