menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

現在、相談の受付を停止しています。
 
2004年から矯正に関する疑問などにお答えして来ましたが、先日書き込みのあった方から、問題は解決したので書き込みを削除してくれとメールがあり、出来ないのでそのままにしていたら、ひろ矯正歯科に電話がかかってきて、削除してくれとのこと。
電話対応したスタッフが削除は出来ない旨を伝えました。
すると、再度電話がかかってきて、何で出来ないんだ、と文句を言われました。
 
困っている患者さんのために、少しでも参考になればと思い、無償で 20年間やって来ましたが、大変気分が悪く、こんなことで絡まれるのは、まっぴら御免ですので、当分の間、相談の受付を停止させて頂きます。
 
 
ーーーー
 
ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で矯正治療をしているが困っているという方や、セカンドオピニオンが欲しい方などの相談にお答えしています。
忙しいので、すぐにはお答え出来ませんが、大体1週間以内にはお返事出来るように努力しております。
時間的制約から、矯正歯科に関する相談にのみ回答させて頂きます。
 
相談内容の中には、明らかに医師側に問題ありと考えられる場合もあり、その際にはかなりシビアなお返事を書きますが、訴訟を煽っているわけでもなければ、他医の業務妨害をするつもりはありませんので、誤解無きようお願いいたします。
また、返答内容は、私が矯正歯科専門医として長年培った知識と臨床経験に基づくものであり、あくまでも私の私見です。
私の言っていることが絶対に正しいという保証はありませんので、御承知下さい。
 
お名前やメールアドレスは公開されませんが、偽のメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。
また、システム上、投稿内容は私どもでは一切修正出来ませんので、個人情報や誹謗中傷が含まれているものには回答致しません。
相談は回答していなければ非公開ですが、返答したものは公開されますので、書き込んだ相談を削除してくれと言われても出来ません。
 
ひろ矯正歯科に通院中の方は、診療の際に御相談頂いたほうが詳しく説明出来ますので、ここに書き込まれてもお返事はいたしません。
 
 

  • お返事頂きありがとうございます。

    2022/12/02 15:36 投稿者:みか [xxx.129.110.29]

    お世話になります。

    先日の質問でお返事頂きありがとうございました。
    とても参考になりました。

    インドメタシン系の薬を服用していないので私の体質なのか、または遺伝の可能性もあるかも知れないです。

    最近までは歯医者で処方されてたロキソニンを飲んでいました。

    確認したところ、家族で過去に矯正の経験があるのは弟のみですが、小学生の時に部分矯正で10ヶ月ほどで終了したとのことで歯根吸収にはなっていないと。

    先日、先生と過去のレントゲン写真を見ながら話をしました。
    確かに歯根吸収になるかどうかは矯正をやってみないとわからないということは、頭ではわかってはいますがまさか自分がここまでひどいタイプだったと思うと少し悔しいです。

    あと矯正認定医はありませんが、今は矯正をメインに
    しており、来院してる患者さんも矯正の方が多いと思いました。

    自分が稀な歯根吸収になってしまったので、セラミック矯正のほうがよかったのかなと思いましたが、15年前に下の前歯(4本)をセラミック矯正してたのもあり、やっぱり健康な歯を削ってまではもうやりたくない気持ちもありました。
    当時はクイック矯正(セラミック)で全て2回で終わるとのことで安易にしてしまいましたが、何も問題ない歯をすごく削って...バカな事したと思います。

    現在はあまり感情的・悲観的にならず噛み合わせや歯並びがキレイになった、そして下のセラミックをしていた部分の歯茎がよく歯肉炎になっていましたが、それが今はなくなったからいいかな。と前向きな気持ちでいることにしました。

    周りからも今の歯並びがいいし、印象が変わったと
    言われます。

    今は上下にリテーナーを付けております。

    歯根吸収で根っこが短くなってるので根っこの再生治療はできませんが、今後は歯がなくならないように気を付けることは虫歯・歯周病にならない、歯茎を強くする他に何かございますか?

    現在40代前半です。これから歳を取っていき健康な自分の歯でいたいので、今後のためにアドバイスを頂けると幸いです。

    よろしくお願いいたします。

    みかさんへ

     

    そうですね、今後気を付けることといえば、あまり無理な力をかけないということ、それから奥歯をしっかりと噛んだときに、下顎前歯と上顎前歯が干渉しているとジグリングを起こし、歯の寿命も短くなると思いますので、当たっているときは調整が必要です。

    僅かであれば、当たっているところを削るわけですが、あまりにも当たりが強い場合には、普通は再治療ですが、歯根がそのような状態でしたら、臼歯部を少し盛って高くするようになると思います。

     

     

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top