menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で矯正治療をしているが困っているという方や、セカンドオピニオンが欲しい方などの相談にお答えしています。
忙しいので、すぐにはお答え出来ませんが、大体1週間以内にはお返事出来るように努力しております。
時間的制約から、矯正歯科に関する相談にのみ回答させて頂きます。
 
相談内容の中には、明らかに医師側に問題ありと考えられる場合もあり、その際にはかなりシビアなお返事を書きますが、訴訟を煽っているわけでもなければ、他医の業務妨害をするつもりはありませんので、誤解無きようお願いいたします。
また、返答内容は、私が矯正歯科専門医として長年培った知識と臨床経験に基づくものであり、あくまでも私の私見です。
私の言っていることが絶対に正しいという保証はありませんので、御承知下さい。
 
お名前やメールアドレスは公開されませんが、偽のメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。
また、システム上、投稿内容は私どもでは一切修正出来ませんので、個人情報や誹謗中傷が含まれているものには回答致しません。
相談は回答していなければ非公開ですが、返答したものは公開されますので、書き込んだ相談を削除してくれと言われても出来ません。
 
ひろ矯正歯科に通院中の方は、診療の際に御相談頂いたほうが詳しく説明出来ますので、ここに書き込まれてもお返事はいたしません。
 
 

  • 以前の質問のお礼と結果について

    2023/11/13 18:06 投稿者:みか [xxx.243.39.83]

    ひろ院長様

    お世話になります。

    以前に歯根吸収の件で相談し、ひろ先生より回答頂いた後すぐに行動いたしました。

    ①日本矯正歯科学会臨床指導医をお持ちの先生がいる
    矯正歯科医院を2ヶ所来院しました。

    過去の写真データも一緒に持って行きみて頂きました。
    1つ目の歯科医院の医師が私のレントゲン写真をみて言ってたのが少し具体的でした。
    矯正を初めて1年経ってないのとたった3ヶ月でこんなに歯根吸収するのは、30年近く医師をやってるが過去にも見たことがないとのこと。
    ここまでの歯根吸収になるとインプラントの可能性が高くなると。

    この歯根吸収の減り方が余程レアなケースなのか、病的なのかわかりませんが話を聞くと余計に悲しくなりました。

    私が現在、保定装置をつけてるので検診等でお世話になってもいいか確認しましたが2ヶ所の歯科ともNGでした。

    ハッキリとうちでは難しいですと言われました。
    あと、もう2ヶ所ほど臨床指導医がいる矯正歯科へ伺う予定でしたが、また結果は同じかと思い諦めました。

    ひろ先生もこのような患者さんがもし相談に来られた場合、矯正を受けた歯科で検診も含め最後まで通ったほうがよろしいのでしょうか。

    ※歯のクリーニングは別の歯科に行っております。
    そちらの歯医者でもレントゲン撮って写真をみるなり
    矯正中にインプラント受けたこと、2番の歯根吸収をみてビックリしてました。

    ②弁護士について
    医療過誤等の問題に対応している弁護士に連絡し
    、詳細を話しました。
    結果として医療過誤の中でも歯医者(歯科矯正)は特に難しく裁判を起こしてもほぼ棄却になることでした。

    この問題は示談しかないと思いますと。

    以前に先生からの回答を頂いたことで、気持ちがラクになり行動を移すこともできました。

    相談室を知らなければ、私はこの先もひどい歯根吸収がわかった時点で転院等を考えたりをしなかったことで最終的には前歯がインプラントになってしまったことで歯科医師に対する怒りと、矯正したことへの後悔が死ぬまで根に持つと思います。

    今は歯科医師と私の折り合いがうまくなかったと思うようにしてます。

    1点だけ正直、現状はまだ悩んでいるところもあります。

    このまま検診は矯正した歯科に行かなければいけませんが、本音を言うと行きたくはありません。

    できましたら先生にみて頂きたいのが一番いいのですが、現在保定装置ですし、これまでの問題が難しいですね。


    ひろ先生にはこれまでご丁寧に回答を頂いたことに感謝申し上げます。
    ありがとうございました。


    みかさんへ

     

    お気持ちお察しします。

    歯根吸収に関しては、いろいろな要因が関与してきますので、他の先生が治療していても吸収したことも考えられ、医師の過失を立証出来なければ、弁護士の先生の言われるように訴訟を起こしても無駄になる可能性があります。

    訴訟になれば、医師の過失で歯根吸収したということを立証するのは困難であったとしても、治療前に歯根吸収の可能性について説明を受けていたかどうかがポイントになるのではないでしょうか。

    そのような説明を受けていなければ、説明義務を怠ったということになり、ある程度は主張が認められるとは思いますが、私は専門外ですので、弁護士さんの判断が正しいと思います。

     

    歯根吸収を起こした歯科医院に行きたくないのはわかりますし、転院されたほうが良いと思いますが、保定観察を断った矯正歯科は、何故なのでしょうか、お金にならないから関わりたくない、ということでしょうか。

    今後は今の歯を少しでも長持ちさせるようにしなければならないと思いますので、仮に私が保定を引き継いだとしても、お近くで一般歯科処置を頼める先生がわかりませんので、地元で探されるのが良いと思います。

    諦めずに、残りの2軒の臨床指導医の先生のところに行ってみてください。

     

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top