menu
MENU

相談室

矯正治療に関して お困りの方にお答えします。

現在、相談の受付を停止しています。
 
2004年から矯正に関する疑問などにお答えして来ましたが、先日書き込みのあった方から、問題は解決したので書き込みを削除してくれとメールがあり、出来ないのでそのままにしていたら、ひろ矯正歯科に電話がかかってきて、削除してくれとのこと。
電話対応したスタッフが削除は出来ない旨を伝えました。
すると、再度電話がかかってきて、何で出来ないんだ、と文句を言われました。
 
困っている患者さんのために、少しでも参考になればと思い、無償で 20年間やって来ましたが、大変気分が悪く、こんなことで絡まれるのは、まっぴら御免ですので、当分の間、相談の受付を停止させて頂きます。
 
 
ーーーー
 
ひろ矯正歯科では、インターネット相談室という形で、他医院で矯正治療をしているが困っているという方や、セカンドオピニオンが欲しい方などの相談にお答えしています。
忙しいので、すぐにはお答え出来ませんが、大体1週間以内にはお返事出来るように努力しております。
時間的制約から、矯正歯科に関する相談にのみ回答させて頂きます。
 
相談内容の中には、明らかに医師側に問題ありと考えられる場合もあり、その際にはかなりシビアなお返事を書きますが、訴訟を煽っているわけでもなければ、他医の業務妨害をするつもりはありませんので、誤解無きようお願いいたします。
また、返答内容は、私が矯正歯科専門医として長年培った知識と臨床経験に基づくものであり、あくまでも私の私見です。
私の言っていることが絶対に正しいという保証はありませんので、御承知下さい。
 
お名前やメールアドレスは公開されませんが、偽のメールアドレスや、匿名・偽名の相談にはお答え致しません。
また、システム上、投稿内容は私どもでは一切修正出来ませんので、個人情報や誹謗中傷が含まれているものには回答致しません。
相談は回答していなければ非公開ですが、返答したものは公開されますので、書き込んだ相談を削除してくれと言われても出来ません。
 
ひろ矯正歯科に通院中の方は、診療の際に御相談頂いたほうが詳しく説明出来ますので、ここに書き込まれてもお返事はいたしません。
 
 

  • IPRの処置について

    2024/04/26 01:54 投稿者:738 [xxx.141.85.63]

    ブラックトライアングル解消のためIPR(0.4mm)の処置を受けましたが、3カ所歯が欠けてしまいました。
    欠けの程度ですが、表面が薄ら欠けたのが1カ所、歯の内側に窪む形で凹んだのが2カ所で、いずれも痛みなどは感じていません。

    私の病院は一般歯科に月1で矯正の先生が来る形になっていますが、IPRの処置は一般歯科の先生にやっていただきました。

    自分なりに色々と事前に調べ、何か問題があるとすれば知覚過敏や削りすぎてしまうことだろうと思っていたので、欠けるのは想定外でした。
    ネットで調べたときも病院の先生と話したときも、欠ける可能性については何も言及はなかったので、私の歯が欠けやすかった(もしそういう体質があるなら)のかと処置をしたことを後悔してやみません。
    ただ、欠けたことによる自覚症状がないのと(一応一般歯科の方で診てもらい適宜詰め物をしてもらう予定です)、先生もロボットではないし日常生活で歯は欠けることもあるものだから、という思いもあります。

    このような事例は一般的なのでしょうか?
    個人的には一般歯科のお医者さんにやっていただいた点も若干引っかかりますが、1カ所なら一瞬で終わってしまうような処置で普段虫歯を削っているお医者さんがそんなに手こずるか、と素人なりには考えてしまいます。決して軽く考えているわけではありませんが…
    IPRは経験値がないと「仕上がりが下手」はおろか、「歯が欠ける」になってしまうのかが疑問です。

    ちなみにブラックトライアングルがあったのは上の歯で、噛み合わせの都合で下の歯も一緒にIPRしたところ、下の歯の3カ所が欠けました。
    上は隙間があったものの、下は比較的ピッタリしていたのでそこを無理矢理削ったのも要因としてあるのかもしれません。

    とはいえ、ショックが大きいのと後悔があるのが本心です。大事な歯が欠けるような治療をして欲しくなかったです。

    ご意見よろしくお願いします。

    738さんへ
     
    はじめまして。
    何故IPRが必要だったのかはわかりませんが、上下の歯の大きさのバランス(Anterior ratio) に問題が無い場合、上にIPRをやれば下もIPRが必要になります。
    問題の「欠けた」ということですが、私自身は40年以上の臨床で欠けたことは一度もありません。
    もしかしたら、欠けたのでは無く、誤って当たってしまって削れてしまったのではないでしょうか。
    実質が欠損しているなら、レジン充填等の処置が必要かと思います。
     
     

    - ひろ矯正歯科 院長 -

to top