menu
MENU

院長日誌

講演活動

  • 松本歯科大学にて歯学部4年生に舌側矯正の講義

    コロナ以前は、ヨーロッパの国際学会パリ大学に招かれては、大学の教授や先生達を相手に舌側矯正の講演をすることを楽しみに感じていましたので、辞退すること無く快諾しておりましたが、コロナが蔓延してからは、出入国の関係から全ての講演依頼を辞退しております。

    海外に出向いて、万が一にも入国時に隔離されて、予定どおり帰れなくなったら、来院予定の患者さんにたいへんな迷惑がかかるからです。

     

    日本では9月から帰国時の対応基準が大幅に緩和され、現在ではコロナ以前とほぼ同じように出入国が出来るようになりました。

    そのニュースを聞いたのでしょうか、来年6月にフランスの Le Touquet-Paris-Plageで CEO学会が開催されるので、特別講演をしてくれないかと、大会長の Dr. Guillaume Lecocqから頼まれました。

     

    CEOは2011年に 故 Alain Deckerを驚かせるためにフランス語で講演し、会場から standing ovationを頂いた思い出深い学会です。

    最近では、2019年に Nantesで講演させて頂きました。

    フランスとフランス人が大好きな自分にとっては、有り難いお話しです。

     

    来年6月なら、今から半年以上も先だから、おそらくコロナ関連の状況は相当改善しているでしょうが、万が一、ドタキャンしないといけない状況になっては、CEOの会長、大会長、学会員など、皆様に多大な迷惑がかかりますので、残念ながら辞退させて頂きました。

    コロナが蔓延してからの講演は、記憶の限りでは、甲北信越矯正歯科学会の講演をオンデマンドでやった事ぐらいでしょうか。

     

    母校松本歯科大学での学生講義は2〜3年ほど前から頼まれていたのですが、これもコロナの影響で延び延びになっていました。

    昨年末に松本歯科大学から連絡があり、歯学部4年生の最終講義をやってくれないかとの事でしたので、お受けさせて頂きました。

     

    松本歯科大学の講義館に足を踏み入れるのは、卒業以来のような気がします。

    教室に入ると、学生時代のことが昨日のように思います。

     

    講義はまず、皆さんの先輩として、皆さんはなぜ歯科医師になろうと思ったのか、将来どうゆう歯科医師になろうと考えているのか、という質問から始めさせて頂きました。

    というのは、私が矯正歯科の医局に入って矯正歯科を専門的に勉強したいと思ったのは、ちょうどその頃だったからです。

     

    私の知っている先生の中には、お金の事など考えずに、自分に出来る限り最高の治療を一生懸命でやっている先生がいます。

    恩師の故 橋本先生などは本当に歯医者の鏡のような先生でした。

    ところが、金、金、金、金、お金第一主義で、本来保険診療である筈の歯周病治療でさえも自費で診療し、1人の患者さんから1000万円もの治療代をふんだくってノウノウと生きている歯医者がいます。

    その先生曰く、きちんと治療をしたらそれだけチャージするのは当然だ、とのことですが、自画自賛にすぎず、その言い分がまかり通るのであれば、私の矯正治療は、海外の専門医試験に合格しているから、と言って、患者さんに数千万円請求して良いのでしょうか?
    私はそんな非常識なことはしませんが、流石にここまでくると、洗脳宗教じみていると思います。

     

    また矯正歯科分野では、矯正歯科をやりたくて志したのでは無く、矯正歯科が儲かりそうだと思って矯正歯科を開業し、治療の勉強など全くせずに、お金第一主義、治療を開始する前に契約書を取り、100万円以上のお金を前払いさせて、転居などで治療継続が困難になったとしても、一旦支払ったお金はいかなる理由があろうとも鐚一文返金しないという、暴力団か詐欺師になったほうが良いような歯科医師がいます。

     

    勿論、生きてゆく上ではお金は必要ですし、医院を経営してゆく上でもお金は必要です。

    しかしながら、医業は利益追求主義でやってはいけない筈ですし、ましてや本来保険で診療すべき歯周病治療を自費で診療して、1000万円も請求し、金、金、金、金と、お金の事しか考えていない金の猛者は歯科医師を辞めるべきだと思います。

    学生の皆さんには、こんな歯科医師になって欲しくない、道を踏み外して欲しくないという思いが伝わったでしょうか?

     

     

    90分間、矯正歯科の役割、重要性、難しさ、舌側矯正の特殊性についてお話しをさせて頂きました。

    フランスの大学と同じように、殆どの学生さんが非常に熱心に聞き入ってくださいました。

    コロナの影響で海外に出ることが無くなりましたので、他大学でも講演の機会を頂ければ、お話しさせて頂きたいと考えております。

    謝礼は一切不要です。

     

     

     

  • 明るく働きやすい職場!

    はやいもので、年が明けてすでに1月19日です。

    本年もよろしくお願いします。

     

    皆様、昨年一年はどんな年だったでしょうか?

    世界中がコロナに振り回され、現在日本ではオミクロンが爆発的に増加していますが、報道を見ていると、ヤバイのはコロナよりも、日本という国のほうじゃないかな、という気がしてなりません。

     

    ひろ矯正歯科では、コロナ対策として通常の感染予防対策に加え、西側の待合い室、東側の診察室の窓を開けて換気を行っています。

    さらに診療の際には、私達診療スタッフはヘッドキャップ、フェイスシールド、マスク、グローブを装着し、患者さんの頭先から足元の窓に向かって扇風機を回して感染予防に努めていますが、それに加えて昨年は、アルテオという大型の掃除機のような装置を各チェアーに設置しました。

     

     

    これは皆さんのお口の近くで、ミストやダストを強力に吸引する装置で、矯正装置を撤去する際や、歯石を取ったりする際、飛沫が浮遊するのを防ぎ、感染予防に有効です。

    吸引装置本体は診療室外に設置され、吸引されたミストは床下配管を通って、0.3μm以上の微粉末を 99.97%除去するスーパーバイオフィルターで濾過されたあと、大気に放出されます。

    設置には 500万円ほどかかりましたが、皆様の感染予防のために思い切って施工しました。

     

    写真左:吸引無し、写真右:吸引あり

     

    現在、厳寒の季節ですが、上記のとおり窓を開け、扇風機を回して診療しておりますので、診療中はとても寒いです。

    診療の際は暖かい格好でお越し下さい。

    備え付けのブランケットが苦手な方は、マイ・ブランケットをお持ち下さい。

     

    コロナの影響で、昨年も歯科学会は全て延期、ないし、オンライン・オンデマンドとなりました。

    私もオンデマンドで講演しましたが、2度とやりたくないです。

    開業以来、毎年国際学会に keynote speakerとして招かれ、世界中の矯正専門医の前で話をするという事は、私の臨床が評価されているということの証であり、誇りと同時に楽しみでもあるのですが、ただでも足りない診療時間を学会のために割くというのは大変な事で、加えて、毎日診療でクタクタになりながら、毎朝5時から講演の準備をするのは、筆舌に尽くしがたいほどに大変ですので、これらの国際学会の殆どが延期となったことで、少しだけ身体を休めることが出来ました。

    学会で講演する必要が無いと、かくも人間的な生活が送れるのだということを実感しましたので、今後は自分が話そうかなと思う学会以外は辞退する方向で考えております。

    ただし、パリ大学だけは特別、パリ大学で講演することは、故Alainのためだと考えていますので、頼まれれば話しますが、その他の学会、例えば、矯正歯科専門医以外は入会出来ない筈のアメリカの某 societyや日本の某 societyなどは、入会資格の無い一般歯科医を受け入れたということがどれほど大きな過ちであり、そのような問題を解決し、改善してゆこうという姿勢が見られないならば、そのような会は退会してしまおうと考えております。

    この件に関しては、長くなるので、後日あらためて書きたいと思います。

     

    12月29日は、朝からスタッフ全員で大掃除をしました。

    普段はなかなか掃除することが出来ないユニットの中や、流しのトラップは全員で、さらに診療室の屋上に何年も放置されていた単管バリケードとアルミ管は、歯科技工士の原田さんが分解してロープで下に下ろしてくれて、綺麗さっぱり片付きました。

     

    綺麗さっぱり片付いたのは、それだけでなく、問題のあるスタッフも綺麗さっぱりいなくなりました。

    威張る先輩、後輩を虐める先輩はどこの職場にもいるものですが、私の目が届かないところで信じられないような虐めがあったことは事実です。

    これは長くなるので後日あらためて書きたいと思います。

    現在のひろ矯正歯科は、虐めゼロ、残業もほとんど無しの「明るく働きやすい職場」として宣言します!

    先輩や同僚に虐められたり、冷たくされて困っている歯科衛生士の方、ひろ矯正歯科で楽しく働きませんか?

     

     

    大掃除のあとは、お楽しみ、恒例ビンゴ大会です。

    今年も豪華景品を用意しました。

     

    昨年はブランド品欲しさにインチキをする者がいましたので、今年はインチキ対策をしました。

    一番の賞品は誰が持っていったのでしょうか、、、。

     

    今年の年末は、以前のように御馳走を頂きながら年納めが出来れば良いですね。

    皆様、今年1年、病気や怪我に気を付けて、幸多き年でありますよう祈念致します。

     

  • Angle Midwest 2020 Annual meeting

    アメリカのAngle Orthod. Midwest Annual Meetingが 2020年2月1日〜5日、Dana Pointの Ritz Carlton Laguna Niguelで開催されました。

    本大会では、“Introduction of Lingual Orthodontic cases accepted by JOB”という演題名で、日本矯正歯科学会専門医試験に合格した舌側矯正症例を紹介、日矯の認定医、専門医システムについて口演をさせて頂きました。

    日本の矯正歯科専門医制度や、Angleの membershipに関しては、意見したいところがありますが、それはまた別の機会にしたいと思います。

     

    会場の Ritz Carlton Laguna Niguel.

    Dana Pointの岸壁に立つ素晴らしいホテルです。

    学会特別価格ですが、それでも高い、、Privateではとてもこんなホテルには泊まれません。

     

     

    本大会では、上記口演に加え、 “Off year case presentation”として、日本矯正歯科学会専門医試験に合格した舌側矯正症例で、上記の口演とは違う2症例を持参して症例展示を行いました。

    たくさんの先生から、私の舌側矯正症例に驚いたコメントを頂き、是非来年も講演してくれとオファーを頂き、症例展示に関しては、他のドクターが治療した症例(通常の外側の矯正治療)よりも遥かに素晴らしい仕上がりだと、絶賛のお言葉を頂きました。

    学会では、スライドを写真に撮る人が多く、著作権の問題はどうなっているのでしょうか、、、他の学会でも、スライドを勝手にスマホで撮影したり、動画や録音で撮ったり、、こうゆうのを見ると、講演したくなくなります。

     

    ランチはホテルでハンバーガー

     

    学会終了後はホテルから5分の Monarch Beach Golf Linksでゴルフを。

    海辺の素晴らしいコースでした。

    自己ベストの39というスコアが出ました。

     

    人との接触を避け、夜も部屋でハンバーガー、、。

    毎晩ハンバーガーでしたが、飽きませんでした。

     

    帰る前には Ourback steak houseでお決まりのヒレステーキを。

    安くて美味しいです。

     

     

    夕日が綺麗です。

     

    学会場の写真をアップするのは控えますので、観光&グルメレポートみたいですが、毎日学会に出て、ちゃんと仕事をしています。

     

    2月の学会の様子をブログにアップするのが随分遅くなってしまいました。

    2月の時点では、今のように緊急事態宣言であるとか、学校の休校、飲食店の営業自粛などということまでは想像もしていませんでしたが、2月の時点ですでにCOVID-19は少しづつ拡大しつつありましたので、行き帰りの空港のラウンジや機内では常時マスク着用し、飲食や接触などに細心の注意を払い、感染予防に務めました。

    LAXでは ANAのチェックインカウンター付近には、中国系航空会社のチェックインカウンターがあり、ものすごい数の中国人、しかも、マスクをしていない人が非常に多く、咳払いやクシャミをする人が多いことには辟易としました。

     

    ラウンジでの食事も、いつもと変わらぬ Buffet styleで、お皿にこれでもか、と、てんこ盛りに盛るアジア系の人達が目立ちましたが、自分は Buffetの食べ物を一切取らず、瓶ビールを飲み口の周りを入念に消毒して、自分で開栓して飲みました。

     

    ところが、羽田からの帰りの中央タクシーで乗り合わせた熟年夫婦、着時間からおそらくシンガポール帰りだと思いますが、私の後ろの席に座って、背中越しにマスクもせずにクシャミを連発する非常識さで、車を降りようかと思いました。

     

    この時点では、渡航規制も入国後の隔離もありませんでしたが、今年は高校野球まで中止になるなど、大変な事になっています。

    矯正歯科関連では、殆ど全ての学会が中止・延期ないしWeb会議となっています。

    6月に Sorrentoで開催される筈であった ESLOは2年延期されることが決定し、2022年になりました。

    5月のAAOも中止になりましたし、10月に横浜で開催される予定の日本矯正歯科学会大会・国際会議もWeb開催となりました。

    講演を頼まれていた7月の甲北信越矯正歯科学会大会は誌上開催となることが決まりました。

    誌上開催となると、どうしたもんでしょうか、、受けさせて頂くか、辞退するか、思案中です。

     

     

     

1 2 3 4 5 8
to top