menu
MENU

院長日誌

講演活動

  • 2011/06/10

    北井則行先生と小川晴也先生

    5月22日、朝日大学歯学部歯科矯正学講座(正式には、口腔構造機能発育学講座歯科矯正学分野)の教授・北井則行先生の矯正歯科研究会に招かれ、お話しをさせていただく機会を与えていただきましたので、2時間、舌側矯正についてお話しをさせて頂きました。
     
    北井則行先生の御略歴を簡単に記しますと、86年に大阪大学を卒業され、同年4月に同大学歯科矯正学講座に入局ののち、講師、助教授を経て、2004年に朝日大学歯学部口腔構造機能発育学講座の教授に就任されています。
     
    私たち開業医からすると、教授というのは別世界の生命体、すなわち、私たちは平民、教授は天守閣に住まわれる御殿様、といったイメージがあるのは私だけでしょうか、、。
     
    オファーをお誘いをお受けした後、北井先生から連絡があり、御礼かたがたはるばる塩尻まで挨拶にいらっしゃるとのことでしたが、滅相もない、私はただの田舎の矯正医、お招きにあずかっただけで大変光栄なことですので、その必要はありません、と遠慮させて頂きました。
     
    講演前日の夜、じつは小川先生とタコ焼きを食べに行こうと約束していたのですが、急遽、北井先生もいらっしゃるとのことで、予定変更、私の一八番の「串の坊」に行くことにしました。
    約束の時間、店の前で緊張しながらお待ちしていると、北井先生がいらっしゃいました。
    簡単に挨拶をして、店の中に。
    小川先生とは学生時代のテニスのライバルだったそうで、話が弾んでいました。
    僕はいつもどおりビールをマイペースで頂きますが、北井先生と話してみると、意外にも話しやすい先生で安心しました。
     

     
    途中から松原先生もいらっしゃり、食事の後は二次会、楽しい思い出となりました。
     

     
    翌日の講演は、50名ほどの先生がおいでになり、いつもどおりリラックスしてお話しをさせて頂きました。
    私のリンガルの臨床は、世界のリンガルの先達が教えてきたこと、やって来たことと、かなり違います。
    ループやパラタルバーを用いない、バンドも用いない、ブラケットも超小型で、発音障害や舌への刺激が最小限に抑えられている、等々。
     

     
    私が永年、舌側矯正で通常の矯正と変わらぬ良好な結果を得ているのは、このヒロブラケットと、私のオリジナルの接着方法、この2つの賜物です。
    これらのどちらかが欠けても、私はリンガルの治療をすることが出来ません。
    他の先生とは少し違ったレクチャーに、教授から若手の先生までお楽しみ頂けたのではないかと思います。
     
    今度は仕事以外で松本に遊びに来て下さいと、北井先生とは再会を誓って、大阪を後にしました。
    北井先生、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
     
     
    話変わって、前出の小川晴也先生が甲北信越矯正歯科学会で講演されるとのことで、6月4日に来松されました。
    小川先生の御略歴は、86年に大阪歯科大学を卒業、その後、学位を取得され、現在は広島県福山市で矯正歯科専門開業をされています。
    私とは、USC courseで同期、アレキサンダー研究会でも御一緒させていただきました。
     

     
    小川先生の来松は半年ほど前に聞いていましたので、午後休診にして、15時に塩尻駅にお迎えにあがります。
    そのあと医院にご案内して、松本市内を簡単にご案内した後、私のお気に入りの宿、すぎもと旅館に向かいました。
     

     

    いつもながら美味しい食事とお風呂。
    小川先生にも、とても満足して頂けたようでした。
     
    翌5日は、小川先生の特別講演、「態癖改善が咬合に及ぼす影響」。
    甲北信越矯正歯科学会はとても小さな学会ですが、大きな学会と違った良いところがあります。
    いつも海外のリンガルの学会と重なってしまうので、欠席ばかりでしたが、こ最近はなるべく参加するようにしております。
     

     

    お昼御飯は、手打ち蕎麦の丸泉にご案内しました。
     
    小川先生、お疲れ様でした。
    良い思い出になりました。
     
    日々仕事に追われ、矯正歯科の先生や、歯科医師会の先生と殆ど交流のない私ですが、最近いろいろと思うことがあります。
    今後は、矯正歯科の先生や歯科医師会の先生方とももっと親睦を重ねてゆきたいと思っております。
     

    余談ですが、この私の行っているリンガルのラボ(いわゆるヒロシステム)、以前は院外の先生からも請け負っていましたが、技工士の都合でやめておりました。
    現在、準備が整いましたので、6月末から再度受注・製作させて頂きます。
    御希望の先生は、指示書を送らせて頂きますので、御連絡ください。
     

  • 2008/02/24

    Universita di Ferrara

    昨年、イタリア国立フェラーラ大学歯学部矯正学講座から非常勤教授を拝命され、Mastersや Professor達を相手に講義をするために、2月21日、Ferrara Universityに行って参りました。
    フェラーラ大学と言っても日本では御存知ない方が殆どだと思いますので、まず簡単に紹介したいと思います。
    フェラーラ大学というのは、歴史を遡れば1392年に設立された、イタリア全土で2番目に古い、由緒正しい大学です(イタリアで一番最初に設立されたのは Bologna大学です)。
     

    帰る朝、P.TTA DEL CASTELLOにて、、、モデル立ち!
     
     
    イタリアの教育システムは、日本の 6-3-3-6(医科・歯科)とは異なり、Elementally schoolが 5年、 Middle schoolが 3年、High schoolが 5年、そして Dental schoolが 5年です。
    18年間の教育を終了して、歯科医師国家試験に合格すれば歯科医師として働くことが可能になりますが、イタリアの歯科大学は全て国立ですから、イタリアで歯科医師になるということ自体、並大抵の事ではなく、イタリアの大学に入れないので、他国の大学に行くという人もいるそうです。
    晴れて歯科医師免許下附となっても、矯正歯科専門医になるには、そのあと3年間の矯正専門の研修を積みます。
    さらに上を目指して研鑽を積みたい先生は、1年以上の Master courseを履修します。
    日本には現時点で 29校の歯学部が存在し、1学年の学生数は大学によって異なりますが、少ない大学では1学年約 40名程度、多い大学では 120名程度(間違っていたらごめんなさい)の学生が歯科医師を目指して勉強をしていますが、イタリアでは大学数は日本とほぼ同じであるものの、学生数は極端に少なく、例えば Ferrara Universityでは1学年16名(!)です。(ちなみに人口は日本が1億2700万、イタリアは5800万人です。)
    どうりで、20年ほど前に C.H.Tweedの courseを Arizonaの Tucsonで受けた時も、イタリア人はたいへん優秀でした。
     
    舌側矯正は1970年代半ばに debutし、現在 30余年が経過しました。
    矯正治療の盛んなアメリカでは、国民性からか舌側矯正は殆ど行われていませんが、アジア・ヨーロッパでは非常に盛んに行われつつあります。
    臨床に一生懸命なだけでなく、臨床を裏付け、サポートするための researchも In vivo, In vitro, Microscopic, pathological etc.、非常に多岐にわたって行われています。
     
    日本の舌側矯正事情は後述するとして、現在、ヨーロッパの矯正歯科をリードするのは、フランスでは Paris V大学、ドイツでは Munster大学でしょう。
    これらの大学はまさにヨーロッパだけでなく、世界中のThe Best of the Best、なぜなら舌側矯正は矯正歯科界の中でも頂点であり、モータースポーツで言えば Formula 1の世界です。
    そんな凄い世界に、舌側矯正専門の Master courseが Ferrara大学に設立され、自分の約 20年間の舌側矯正に対する努力と治療のクオリティが認められ、非常勤教授として招かれましたので、僭越ではございますが、少しでもお役に立てればと思い、行って参りました。
     
    留守の間、診療室を閉めなければならないし、飛行機代も少ししか出ないし、、正直困ったのですが、断るわけにもいかないので、講義の前夜にイタリアに到着し、翌朝から日没まで1日講義を行い、その翌朝に帰路に着くという2泊3日の、まるで弾丸トラベラーのような強行軍でした。
     
    着後、Professor & Chairmanの Dr.Giuseppe Sicilianiと他の名高いProfessor達が Dinnerに招待してくれました(写真を撮る雰囲気ではなかったので、写真が無いのが残念です)。
     

     

    宿泊は Ferrara大学から歩いて3分ほどの所にある4つ星ホテル、Hotel Principessa Leonaraを大学が用意してくれました。
    このホテルは、これまた16世紀に設立された由緒正しき歴史的価値のあるホテルです。
    最近の中●系資本のゴージャスホテルのように1泊5万も6万もする不当に高いホテルではありませんが、Private Gardenを備えた、静かでゆっくりとくつろげる素晴らしいホテルでした。
     

    講義はこの部屋で行いました。
    大学がまた歴史的建造物で、素晴らしい建物です。
     

    お昼休みにシシリアーニ教授が大学の診療室を案内してくれました。診療室では8台のユニットが個室形式で配置されていました。
     
    私の講義は、舌側矯正の歴史、インダイレクト・ボンディングの歴史、最新のマテリアルを使った Hiro systemのprocedureと、他の Indirect Bonding Systemとの比較、European Board of Orthodontistsの試験に提出した舌側矯正8症例の紹介、若年者(Low teen patients)に対する舌側矯正、さらに Lingual Straight Wire Appliance等について詳細に説明し、講義を行いました。
    シシリアーニ教授からSTbについて聞かれ、「私は50症例ほど治療したが、今は使っていない」と、正直に言うと、顔色がかわりました、、(やべえ、、でも、嘘をつくよりイイかな、、。)。
    他にもいろいろ話したかったのですが、時間切れでお見せすることが出来ませんでした。
    やはり20年間を1日で話すのは無理です。
     

    講義終了後、感謝状を頂きました。
    向かって左の背広を着ているのが Professor & Chairmanの Dr.Siciliani、右のセーターを着ているのがProf.Scuzzoです。
     
    その夜は Residentsと数名の教授達が晩御飯に連れて行ってくれました。
    Pizza専門店で、みんなワイワイガヤガヤ、楽しいひとときでした。

    僕の左側に座っているのが、イタリアの舌側矯正学会(Associazione Italiana Orthodonzia Linguale)の会長のDr.Lucci、右側の女性は、僕がEBOの試験管であり現 EBOの会長である Dr.Moserのすぐ近くで開業しているDr.Ganthallerです。
     

    勉強する時・仕事をする時は一生懸命真剣に、ひとたびオフタイムとなれば、陽気で楽しい人達です。
     
    翌朝、帰る支度をしたあと朝食を取りながら教授と話していると、イタリアの矯正歯科事情について話してくれました。
    全く矯正のトレーニングを受けていない先生が1泊2日の矯正の講習会を受けただけで、矯正のブラケットを購入し、翌日から患者さんに矯正治療を勧める。
    ホームページには舌側矯正の写真を掲載し、それを見た患者さんが舌側矯正を希望すると、舌側矯正はやめた方が良い、という先生はまだましなほうで、出来ないのに手を出して大変な結果になって泣きついてくる患者さんが後を絶たないそうです。
    う~ん、日本と全く同じだ、、。
    今や、治療を受ける側が選球眼を持たないといけない時代なんですね。
     
    ひろ矯正歯科では、外側から治療するか、裏側から治療するかは全て患者さんに決めて貰っています。
    ホームページを見て、舌側矯正をしたいから訪ねて行ったのに、いざ先生に舌側矯正希望である旨を話したら、あなたは例外的に無理だと言われて外側の治療になってしまった、ということはありませんので、ご安心下さい。
     


    帰りの当日、朝食をすませて1時間ほど近所の散策に出掛けました。
    ヨーロッパの街には至る所にこうゆう広場(Piazza)があり、憩いの場となっています。
    P.TTA DEL CASTELLO前のPiazza Treno Triesteでは朝市をやっていました。
     


     

    朝食は、こうゆうホテルではタダの事が多いのですが、このボローニャ・ソーセージといい、パンといい、とっても美味しいです。
     
    Bologna空港からFerraraまで高速道路をカッ飛んで約1時間ですが、行きも帰りも大学の方が送迎してくださり、助かりました。
     

    成田はポカポカの春のような陽気で半袖でしたが、松本はものすごい吹雪でした、、とほほ。

  • 2007/11/18

    Hiro’s Lingual Orthodontic Course in Universitat Internacional de Catalunya

    スペインはバルセロナのカタルーニャ国際大学歯学部歯科矯正学講座から舌側矯正全般と Hiro system Laboratory workに関する特別講義をしてくれと、大変光栄な御招待を頂き、行って参りました。
     



     

    スペインの大学のシステムは日本とはかなり異なり、矯正科には15余名の教授がいます。
    筆頭教授は、Professor and Chairman の Andreu Puigdollers先生で、その門下に十数名の著名な教授達がいます。
    Professor達は皆開業しており、週に1日以上大学に来て、学生達の指導をし、研究をし、論文を書きます。(羨ましい限りです)
    その20名近い教授達を相手に丸1日、さらに2日目、3日目は教授達に加え、大学院の先生や大学院生を相手に舌側矯正のコースをするわけですから、英語が下手な自分にとっては そのプレッシャーたるや 並大抵の物ではありません。
    いつも海外の学会で発表する時には特に緊張はしないのですが、今回は質問攻めにあうのは必至だからです。
    初めて世界デビューした時は、質問の意図するところが理解できず、苦しんだ思い出があります。
     
    今回のセミナーは、半年以上前に招待の通知を受けていたものの、毎日、診療が終わるとグッタリで、食後に意識不明となってしまう事が多く、思うように準備が捗りません。
    間に合わなかったら大変なことになると、毎日 マウス片手に深夜まで、、、気がつくとコックリコックリ、カミさんには「もう寝たほうがいいんじゃない?」と言われる毎日でしたが、なんとか準備は無事に終わりまして、大盛況のうちに終わることが出来ました。
     



    飛行機は、、先方が用意してくれた British Airwayのチケットで搭乗してみると、、、うをっつ!! 個室じゃん!! すご!! (すみません、貧乏なもので、、)  食事もおいちい。
     


    講義前日、Fernandoがビーチにあるレストランに食事に連れってくれました。
    全てが美味しい、、。
     
     

    市内にはこうゆうレンタルサイクルが至るところにあります。
    こうゆう Stationがあちこちにあり、契約すると乗りたいところで乗り、駐めたいところで駐めれるというスグレ物です。
     


    彼の診療所は Barcelona(人口160万人)の中でも高級住宅街にあります。
    ガラスで仕切られているのは個室の診療室ではなく、中庭です。
    素晴らしい診療環境でした。
     

    スペインの歯科事情は日本よりも もっと深刻です。
    Barcelonaには約3000軒の歯科医院があり、また、彼のオフィスの半径500m以内には、6軒の矯正歯科専門医が開業しているとのことです。
    全ての歯科医院は、歯科技工士を置くことが認められておらず、歯科技工士は難しい試験に合格した後、歯科技工所に勤務するのが普通です。
    自分で技工所を開業しようとすれば、歯科医院とつながっていない別のオフィスで、いろんな厳しい検査に合格して初めて認定番号を交付され、開業することが出来ます。
     
    歯科衛生士は、少しでも給与が良い職場があるとすぐに辞めて行くので安定せず、大変だそうです。
    ひろ矯正歯科でも昔はある朝突然辞めて行く人がいましたが、最近はみんな一丸となって頑張ってくれているので本当に助かります。
    願わくば、歯科衛生士の求人に もう少し反応があると助かりますが、、。
    歯科医師も末永く付き合える先生を求人しています。
    興味のある方は、是非一度見学に来てください。
     
     


    毎日、Fernandoが AUDI TTで迎えに来てくれました。
     


    大学には PC roomや英語を習得するための特別な部屋もあります。
     


    ここで講義をします。
     


    矯正歯科診療室です。
     


    学食です。学食なのにすごく美味しい。
     


    学食の一部は僕のために貸しきりとなっていました、、感激。
     


    Under graduate, Post graduate, Professor、、写真は参加者の約1/3です。
     
     

    最初は Power Point内の原稿を読んでいましたが、ものの数分でアドリブに、、
     


    今回のコースでは、是非とも実習を入れてくれと懇願し、FernandoとProf. Puigdollers、DTのGloria、それからたくさんのResidentsのおかげで、実習が実現しました。本当に本当に皆様に感謝です。
     


    実際にセットアップを使ってHiro systemの実習を行いました。
    この日は、なんと、夜8時まで!
     


    最新の Materialを使っての Hiro systemの最新版はすでにペーパーになっています。
     
     

    1日目は、ちょうど Foot ballのある日で、Fernandoは観戦に連れて行ってくれました。
     


    打ち上げは、丘の上にある高級レストランに招待してくださいました。
    この隣にもうひとテーブルあり、Chairmanと Professor達と たくさんの Residents達と楽しくお食事をすることができました。
     



    Professor & Chairman のPuigdollers先生と Prof. Anna Molina
     


    講演が終わった後、個人的な質問に答えていた事に加え、土曜日ということもあって、帰っちゃった先生もいて、全員で写真を撮れなかったのが残念です。
     
    飛行機もホテルも食事も全て出してくれて、超VIP扱いの待遇には本当に感激しました。
    Prof. Puigdollersはじめ、手伝って下さった Professor達、Residents達、そして何よりも Fernandoに心から感謝します。
    こんな田舎の矯正専門医でも、一生懸命やっていると、いつかは良いことがありますね。
    これからも患者さんに少しでも良い治療を受けて頂けるよう、精一杯頑張ります。
    出張の際には休診になりますので、患者さんの皆さんにはご不自由をおかけしますが、歯科医学の進歩のためですので、御理解いただきますようお願い致します。

1 3 4 5 7
to top