menu
MENU

院長日誌

学会・セミナー

  • Angle Midwest 2020 Annual meeting

    アメリカのAngle Orthod. Midwest Annual Meetingが 2020年2月1日〜5日、Dana Pointの Ritz Carlton Laguna Niguelで開催されました。

    本大会では、“Introduction of Lingual Orthodontic cases accepted by JOB”という演題名で、日本矯正歯科学会専門医試験に合格した舌側矯正症例を紹介、日矯の認定医、専門医システムについて口演をさせて頂きました。

    日本の矯正歯科専門医制度や、Angleの membershipに関しては、意見したいところがありますが、それはまた別の機会にしたいと思います。

     

    会場の Ritz Carlton Laguna Niguel.

    Dana Pointの岸壁に立つ素晴らしいホテルです。

    学会特別価格ですが、それでも高い、、Privateではとてもこんなホテルには泊まれません。

     

     

    本大会では、上記口演に加え、 “Off year case presentation”として、日本矯正歯科学会専門医試験に合格した舌側矯正症例で、上記の口演とは違う2症例を持参して症例展示を行いました。

    たくさんの先生から、私の舌側矯正症例に驚いたコメントを頂き、是非来年も講演してくれとオファーを頂き、症例展示に関しては、他のドクターが治療した症例(通常の外側の矯正治療)よりも遥かに素晴らしい仕上がりだと、絶賛のお言葉を頂きました。

    学会では、スライドを写真に撮る人が多く、著作権の問題はどうなっているのでしょうか、、、他の学会でも、スライドを勝手にスマホで撮影したり、動画や録音で撮ったり、、こうゆうのを見ると、講演したくなくなります。

     

    ランチはホテルでハンバーガー

     

    学会終了後はホテルから5分の Monarch Beach Golf Linksでゴルフを。

    海辺の素晴らしいコースでした。

    自己ベストの39というスコアが出ました。

     

    人との接触を避け、夜も部屋でハンバーガー、、。

    毎晩ハンバーガーでしたが、飽きませんでした。

     

    帰る前には Ourback steak houseでお決まりのヒレステーキを。

    安くて美味しいです。

     

     

    夕日が綺麗です。

     

    学会場の写真をアップするのは控えますので、観光&グルメレポートみたいですが、毎日学会に出て、ちゃんと仕事をしています。

     

    2月の学会の様子をブログにアップするのが随分遅くなってしまいました。

    2月の時点では、今のように緊急事態宣言であるとか、学校の休校、飲食店の営業自粛などということまでは想像もしていませんでしたが、2月の時点ですでにCOVID-19は少しづつ拡大しつつありましたので、行き帰りの空港のラウンジや機内では常時マスク着用し、飲食や接触などに細心の注意を払い、感染予防に務めました。

    LAXでは ANAのチェックインカウンター付近には、中国系航空会社のチェックインカウンターがあり、ものすごい数の中国人、しかも、マスクをしていない人が非常に多く、咳払いやクシャミをする人が多いことには辟易としました。

     

    ラウンジでの食事も、いつもと変わらぬ Buffet styleで、お皿にこれでもか、と、てんこ盛りに盛るアジア系の人達が目立ちましたが、自分は Buffetの食べ物を一切取らず、瓶ビールを飲み口の周りを入念に消毒して、自分で開栓して飲みました。

     

    ところが、羽田からの帰りの中央タクシーで乗り合わせた熟年夫婦、着時間からおそらくシンガポール帰りだと思いますが、私の後ろの席に座って、背中越しにマスクもせずにクシャミを連発する非常識さで、車を降りようかと思いました。

     

    この時点では、渡航規制も入国後の隔離もありませんでしたが、今年は高校野球まで中止になるなど、大変な事になっています。

    矯正歯科関連では、殆ど全ての学会が中止・延期ないしWeb会議となっています。

    6月に Sorrentoで開催される筈であった ESLOは2年延期されることが決定し、2022年になりました。

    5月のAAOも中止になりましたし、10月に横浜で開催される予定の日本矯正歯科学会大会・国際会議もWeb開催となりました。

    講演を頼まれていた7月の甲北信越矯正歯科学会大会は誌上開催となることが決まりました。

    誌上開催となると、どうしたもんでしょうか、、受けさせて頂くか、辞退するか、思案中です。

     

     

     

  • 第78回 日本矯正歯科学会大会開催さる

    2019年11月20日~22日、長崎ブリックホールで第78回 日本矯正歯科学会大会が開催されました。

    特別講演、教育講演、シンポジウム2題、臨床セミナー2題、スタッフ&ドクターセミナー、生涯研修セミナー、サテライトセミナー2題、RTD11題、JOSフォーラム、企業プレゼンテーション、口演22題、学術展示203題、症例展示59題、症例報告12題、Academic Exhibits42題、Case Exhibits 15題と、盛大に行われました。

    本大会は、例年よりも口演発表が多かったのが特徴で、日矯学会では近年口演発表は殆ど無くなってきていますので、これはとても素晴らしいことだと思いました。

    私の知る限り、ヨーロッパの学会では、展示発表は少なく、口演がメインです。

    展示と口演では演者の気合いの入り方が違うと思います。

     

     

    本学会大会には、日本矯正歯科学会専門医更新のための症例を提出、いつもどおり上下顎舌側矯正で治療した治療記録を提出し、無事合格しました。

    治療記録の提出に際して、快く同意書にサインをして頂きました患者様、本当に有り難うございました。

     

    11月19日、朝7時に医院前の広丘駅からJRに乗り、長崎までJRを乗り継いで陸路長崎入りです。

    松本空港から福岡に飛べば一番速いのですが、JRだと車中ずっと仕事に集中出来るのでJRで移動しました。

    7時間ぶっ通しで仕事が出来るのはそうそう滅多に無いですから。

    この時間を利用して学会の抄録集に目を通し、3団体共通の専門医試験の準備をして、、。

    ホテルにチェックイン後、稲佐山ロープウエイに乗り、頂上のレストランでトルコライスを頂きました。

     

     

    20日の朝9:00、指定された場所に症例を持参、試験はいつもどおり完全に匿名で行われますので、症例を出したら速やかに立ち去らなければいけません。

    夕方までフリータイムですので、市内散策に出掛けます。

    長崎と言えば、出島、グラバー園、大浦天主堂などの定番の名所を見学、16時には学会場に戻り、指導者講習会とサテライトセミナーに出席。

    その夜は福山雅治が帰省の際に必ず行くというラーメン屋さんで長崎ちゃんぽんを食べました。

     

    翌日は開会式から最終の公演まで全て聴講、特別講演シャリテーベルリン医科大学歯科矯正学・顎顔面整形学・小児歯科学講座主任教授の Paul-Georg Jost-Brinkmann先生が「CAD/CAM in orthodontics with special focus on bending archwires」というタイトルで講演され、聞き入っていると、いきなりスライドに“Hiro technique”が紹介され、さらに、“Dr. Hiro is a Japanese Orthodontist. He has a private practice.”と私のことを紹介して下さったことには驚きました。

    ヨーロッパではHiro techniqueは広く知られていますが、日本の学会ではお呼びがかかりませんので、とても嬉しかったです。

    講演終了後、ステージ前に行き、挨拶をさせて頂きました。

     

     

    翌日の名古屋大学医学系研究科特任教授である曽我部正博先生の “細胞はどのように力を感じ応答するのか”という講演は、細胞力覚、能動力覚に関するお話しで、組織や臓器の発生・再生から、癌の発症や転移にも関わるという内容で、こうゆう講演は滅多に聞くことが出来ないので、とても感激しました。

     

    また、サテライトセミナー2、塚崎雅之先生の「骨免疫学が紐解く歯槽骨代謝の分子基板」、横瀬敏志先生の「メカニカルストレスが骨代謝に及ぼす影響について」、上岡寛先生の「矯正力のかかった歯の周りの細胞・分子の挙動を探る」という講演も非常にためになりました。

     

    臨床セミナー2の「過去の難症例・再治療例から学ぶ未来への戦略的矯正診断・治療」において、3人の先生がお話しされましたが、残念だったのは、某先生が難症例=治療期間が長かった症例、満足する治療結果が得られなかった症例で、「患者本人のモチベーションが低いこと」と結論づけたことで、これには正直ガックリしました。

    モチベーションは治療する医師側の話術技術に依存するものだからです。

    聞いている先生方にも違和感を覚えられた方が多いのではないでしょうか。

    参考までに、治療難易度の指標としては、Difficulty Indexがあり、 私は10年ほど前から専門医試験、認定医試験にはDIを導入した方が良いと日矯学会で挙手発言して提案していますが、2020年現在、まだDIは導入はされていません。

    この臨床セミナーのタイトルから考えれば、DI scoreと実際の治療期間との相関関係であるとか、DIが高い症例では実際にどのような点が問題となったか等について考察出来た筈ですが、それについて触れられた先生は1人もいらっしゃいませんでした、、。

     

    毎日長崎ちゃんぽんばかり食べていました。

     

    来年の日本矯正歯科学会は、2020年10月4日〜7日、パシフィコ横浜でIOC

    と同時開催されます。

     

     

  • EHASO Biennial Meeting

    Edward H. Angle Society of Orthodontist 2019 Biennial Meeting が Napaの Meritage Resort & Spa で開催されましたので行ってきました。

    Angle societyには、今年の2月、晴れて Member at-largeになる事が出来ました。

    全米で7つある Componentsが一同に集まるのがこの Biennial meetingで、前回は2017年、Chicagoで開催されました(Blog書いてませんでした!)。

    Midwestの Annual meetingはいつも朝7:00から Lectureが始まり、ランチタイムに終わるというスケジュールで、4日間程開催されますが、この Biennialは基本的に朝 8:00くらいから夕方 17:00くらいまでで、今回は演題数 22題、日本人では Southwest所属の小川晴也先生(福山市開業) が A Study of the Mandibular Position in Patients with Mandibular Functional Shiftという演題で、Midwest所属の出口徹教授(Ohio州立大学)が Biomechanical Aspects of Temporary Anchorage Devicesという演題で講演されました。

    全てのプレゼンには Discusserによる検証が行われます。

    いつも Midwestでは、Speakerが Discusserに発表原稿を事前に送り、Discusserが徹底的に調べて、おかしいところはガンガン詰めてくるのですが、今回の meetingは、他の componentが主催のため、ツメが比較的甘かったような気がしないでもなかったような、あったような、、。

    Midwestは、memberになるのも大変だけど、なってからも物凄く大変、と言われる所以なのでしょう。

    来年の2月、Dana pointで開かれる Midwestの Annual meetingでは、Oral presentation 1題、Case Presentation 2症例を行う予定です。

     

    California wine の産地で知られる Napa. 見渡す限り葡萄畑です。自分は今までCalifornia wineは食わず嫌いしていましたが、こんなに美味しいとは! 完全に虜になってしまいました。

     


    Biennial meetingの会場です。

     

    学会場はいつもクーラーが効きすぎで寒くて仕方が無いので、セーターとジャンパーを持参しました。

    SF 49ersのスタジアムジャンパーを着ていたら、いろんな先生が声をかけてくれました。

     

    学会初日の夕方、バス4台で wineryに向かい、wine tasting dinnerがありました。

     

    帰る途中、Golden Gateでパチリ

     

    帰国して翌日から患者さん満タン、忙しい、忙しい、、

    一刻も早く日矯専門医の更新と、3団体共通の矯正専門医試験を片付けてしまわないと、、。

     

     

     

1 2 3 4 5 18
to top