menu
MENU

院長日誌

  • 第61回日本矯正歯科学会大会開催さる

    10月22-24日、名古屋国際会議場にて第61回日本矯正歯科学会が開催されました。
     

     
    日本矯正歯科学会はその名の通り日本で最大の矯正歯科学会ですが、ここ数年、あまりimpressiveな演題がなく、参加意欲があまりわかないのが正直なところでしたが、今年は Implant anchorage ならびに Distraction osteogenesis に関する演題が多く、たいへん実のある話を聞くことが出来ました。
     
    Implant anchorageを利用した矯正歯科治療は15年くらい前から報告されておりましたが、殆どは口蓋部分にボタン大のものを打ち込んで行われたもので、矯正治療中に炎症を起こしてしまったり、術後の骨欠損が大きく認められたり、さまざまな問題がありました。
     
    ところが最近では、Berlin の ESLO で KOREA の先生が発表されていたように、小さなスクリューを下顎枝や上顎結節舌側部分にねじ込んで行われており、operation に要する時間も数分間と短く、術後の疼痛や骨欠損も全く問題のないところまで改善されてきております。
     
    Distraction osteogenesis に関しては、香川県の三次正春先生の講演と、VenezuelaのCesar A. GUERRERO先生の特別講演は大変ためになりました。
     
    Distraction は、今までは Distractorを入手すること自体が困難であったり、費用的な問題や、手術時間の問題など、問題山積でしたが、この先生方の講演を聴いて、これからの矯正歯科は Implant anchorage ならびに Distractionを併用することは不可避であると感じました。
     
    この2つを併用することで治療範囲が飛躍的に広がります。
     
    私たち矯正専門医は、口腔外科医とタイアップして、これらについていつでも対応出来る環境を整備する事が必須であると思われました。
     
    また、今まで私は Corticotomyに関してもどちらかというと否定的でしたが、今後は必要があれば行うべきであると、また同時に、それを行てくれる口腔外科医の確保が必要であると感じました。
     
    学会あけて翌日25日は、名古屋中小企業振興会館にてインプラント矯正研究会が開催されました。
    研究会の趣旨そのものも、たいへん共感できるものです。
     
    日本にこうゆう研究会がもっと増えるべきだと思います。
     
    日矯学会~インプラント矯正研究会まで、4日間フルに勉強させていただきました。
     
    貴重な講演を聴かせて下さった先生方、ありがとうございました。

  • Smile Arch について

    2002年8月23日、横浜シンポジアにてDr.Bjorn Zachrisson のセミナーが開催されました。
     

     
    Dr.Zachrissonは初来日、たくさんの学会でAwardをとっておられ、今回のセミナーも期待して参加しました。
     
    セミナーの概要は、笑ったときの歯の見え方(スマイル・アーク)について、どう設定すれば良いか、というもの。過去にはスマイル・ラインと言われていたものです。
     
    会場は2会席まで一杯で超満員。総勢400程度でしょうか、、。
     
    私は、午前中は話の仕方に少し興味をもって聞いていましたが、、、。
     
    午後は同じ話しの続きで、人の批判が多く、 さすがに boring。。。
     
    人の批判話を聞きに来たのではない!
     
    Smile arch, Finishingについてもすでに知っている話ばかりで、目新しい話は特になし、、。
     
    IOP には loose contact があちらこちらに見られるし、審美性重視のあまり、咬合が犠牲になっている。
     
    セミナーを通じて納得出来ない部分が多々ありました。
    日本の矯正レベルを御存知ないようですな、、。
     
    それでも一応、最後の質疑応答まで聞きましたが、、、質問をする先生も、もう少し内容を考えて質問されるべきではないでしょうか、、
     
    時間を割いて質問するにふさわしくないような、primitiveな質問が多々あったように思いました。
     

     
    今回のセミナーをとおして、矯正は審美的要素も勿論大事だけれども、審美性を追求するあまり、咬合が二の次になってはイケナイなあと思いました。
     
    私達矯正歯科専門医は、美容第一目的で矯正治療を行っているのではなく、咬合機能の回復や顎関節に及ぼす影響などを主目的に置いているはずですから。
     
    ■番外編 ・・・・・ ランチはどこで?
     
    昼食は1人中華街にダッシュしてフカヒレラーメン(1500円)とチャーハン(800円)を食べました。
     
    手のひらほどのフカヒレが1枚まるごと載っている、、。こんなの初めて!!
     

     
    合計2300円也。。。自分の普段の昼食の4食分です!!
     
    もともとその店は知っていたわけではなく、店のオモテの写真を見て、話のタネに食べてみようかと入ってみたのですが、これはこれは、値打ちでした。
     
    本当に美味しかったです。
     
    10分後には、ほら、御覧のとおり。
     

  • 日米外科矯正事情

    2002年 7月 11,12日の両日、東京・三田の笹川記念会館に於いて、Roth/Williamsの外科矯正セミナーが開催され、外科矯正治療に関する最新のテクニックと知識について勉強しました。
     
    主催者であるRoth/Williams Center Japanの池田先生は、1979年に日大卒業後、Pennsylvania大学の歯学部矯正科を卒業されており、また、89年にはAmerica の矯正専門医の資格であるAmerican Board of Orthodonticsを取得されており、私からみると雲の上のそのまた上の存在です。
     
    台風6号の影響で、当日の朝、遅れて会場に入って行きましたら、席が空いていなかったので池田先生がお座りになっていた席をさっと譲って下さり、感激するとともに、僕が座っていいのかしら、、と恐縮してしまいました。
     
    Dr.Roth, Dr.Williams, Dr.Ayala, Dr.SapunarらによるSoft tissue analysisや、Model surgeryの話も大変貴重で勉強になりましたが、本セミナーでの最大の収穫は何といっても、アメリカにおける最新の外科矯正手術の詳細について詳細な講義を聞くことが出来たことでした。
     
    懇親会終了後には、Dr.Takemotoはじめ東京歯科のOBの先生方と一緒に After fiveに連れっていただき、特に3次会では、普通では聞けないような外科矯正手術に関する話を聞かせて頂きました。
     
    以下に外科矯正の日米の比較をまとめてみましたので、御参考まで。
     
    U)=USA、J)=JAPAN
     
    ■医療制度
    U)包括一括
    J)出来高払い
     
    ■Fee
    U)Private insuranceが主体
    J)公的保険 (負担金は下顎のみのsurgeryで30~40万円)
     
    ■入院期間
    U)1~3日(殆ど2日) 顎間固定は1週間
    J)短いところで7日~14日、長いところでは6週間、と、医療機関によってかなりの差がある
     
    ■Fee
    U)Private insuranceが主体
    J)公的保険 (負担金は下顎のみのsurgeryで30~40万円)
     
    ■op開始時間
    U)通常 7:30 a.m. 開始。1日5症例ということは珍しくない。
    J)通常 9:30 a.m.頃開始。通常1日1症例、頑張っても2症例が限界(?)
     
    ■op時間
    U)短い。 下顎のみのopで、約30分(!) 上下同時移動術で約2時間(!!)
    J)長い。 通常下顎のみのopで、5時間(!) 上下同時移動術だと、、???
     
    ■出血量
    U)非常に少ない
    J)中等度~ 希に輸血を必要とすることもあり
     
    ■術後管理
    U)分業制
    J)公的保険 (負担金は下顎のみのsurgeryで30~40万円)
     
    ■Fee
    U)包括管理
    J)公的保険 (負担金は下顎のみのsurgeryで30~40万円)
     
    [ USAの保険制度 ]
    Private insuranceが主体で、Fee for service, Management care service, Prefered provider org., Health maintenance org.に大別される。
     
    Fee for serviceは医療機関の選択が自由であるかわりに、$200~$1,000の自己負担金がある。
    医療費が$10,000までは20%自己負担、 $10,000を超える場合には10%自己負担。
     
    Management care serviceは医療コストの低減を目的としており、アクセス、サービスを制限。Prefered provider org.は公的機関のみ。
     
    Health maintenance org.は専門医への受診、入院はHome Dr.のReferが必要。
     
    アメリカにはP.R.O.(Peer review org.)が存在し、医療検察官制度がチェックしている。
     
    また、現在日本でも保険適用となっている顎変形症の手術(下顎のみ)の患者負担については以下のとおりです。
     
    ■op検査
    U)$200~$400
    J)約13,000円
     
    ■画像検査
    U)$300~$600
    J)約10,000円
     
    ■op費用
    U)$4,000~$10,000
    J)概ね 800,000円前後
     
    ■入院費用
    U)$1,400 (2日間で)
    J)概ね130,000円(7日間として)
     
    ■麻酔費用
    U)$600
    J)90,000円前後
     
    ■患者負担金
    U)保険契約によって異なる
    J)3割負担として約35万円。
    吸収性プレートを使用した場合、1枚25万円×枚数×30%
    上下同時移動術の場合で50万円くらい
     
    手術関連の講義だけでA4用紙に20枚メモをとりました。
     
    上に記載したのはごく一部で、まだまだあるのですが、かなり専門的な話になりますので、簡単にまとめてみました。
     
    わざわざ医院を休診にして遠路はるばる受けに行っても、ガックリして帰ってくることが多い今日この頃ですが、今回のセミナーはタメになりました。
     
    台風にめげずに行って良かったです。池田先生、ありがとうございました。

1 44 45 46 47
to top