menu
MENU

院長日誌

矯正学

  • 第115回歯科医師国家試験

    先日、第115回歯科医師国家試験の結果が厚労省から告示されました。

    全国 28校全体の合格率は 61.6%(受験者数 3,198人、合格者 1,969人)、内訳は、新卒者が 1,999人中合格者 1,542人(合格率 77.1%)、 既卒者(いわゆる国試浪人)が1,199人中合格者 427人(合格率35.6%)とのことです。

     

     

     

    私が歯科医師国試を受験した頃は、たしか 100%が 10校くらい、母校の松本歯科大学は新卒既卒の合計が 97.6%だったと思いますので、それに比べると随分と合格率が低くなっています。

    これは国の政策で歯科医師国試のカットラインが変わったことによるものだそうです。

    私が学生の頃は、「留年」っていうと、とんでもないことをしでかしてしまったというイメージがありましたが、今では留年や放校は珍しくないようで、歯学部に入学してから一度も留年せずに、一発で国試に合格する学生は、国公私立全ての大学で概ね 50%ほど、つまり一緒に入学したクラスメートの半分しかいないということになります。

    今や歯学部に入学したら、国試までの6年間、相当気合いを入れて、毎日毎日、本当に一生懸命勉強しないと歯科医師になれないのです。

     

    上の表に示すように、我が母校松本歯科大学の現役の合格率は、全国国公私立 28校中 2位で、全ての国立大学よりも良い成績です。母校の先生方、学生さん達、よく頑張ってくれています。

    既卒の国試浪人を含む総数では全国 8位と、こちらも優秀ですが、既卒の国試浪人の合格率が 15.4%ですから、彼らがクリアすることが出来れば、全体の合格率は飛躍的にアップします。

    国試浪人の皆さん、目標も期限もなしにダラダラやっていてもダメです。

    「次回の国試に受からなければ歯科医師は諦める」という覚悟で国試に臨んで欲しいと思います。

     

    私は母校の国試合格率が高いからといって自慢するつもりはありませんし、松本歯科大学OBであるということは、別に誇りに思ってもいませんし、恥じてもいませんので HPにも明記していますが、卒業生の中には、松歯大卒であることを隠す者がいます。

    歯科医師の中には、自分よりもランクが低いと思われる大学の出身者を馬鹿にし、歯科医師としてのレベルが低いように見下したりする人がいるからです。

    実際に私自身、学会やセミナーなど、公衆の面前で自分の耳を疑うような侮辱をされたことが何度かあります。

     

    矯正歯科界に於いても然りで、出身校を聞いた途端に態度が横柄になったり、SWAを使っている先生を wire bendingが出来ないと決めつけて馬鹿にする人がいます。

    私自身は日常臨床では Chair timeを短くし、患者さんの快適さのためにSWAを使っていますが、 必要に応じて 2×4、2×6、loop mechanicsも使いますし、Burston の Segmentも使います。
    TPAは印象を採ってラボで曲げる先生が多いですが、私は曲げはじめからセットするまで約5分ですので、 chair sideで曲げています。

    Wire bendingは矯正の初歩の初歩なのですから、出来て当たり前なのに、そんなことで自分が優れていると勘違いして天狗になり、あろうことか、国立大学の学生実習中に、大勢の学生の前で、「松本歯科大学とか日本歯科大学新潟歯学部にはデンタルで行ったけど、馬鹿すぎて困った」などと発言した助教がいますが、学生を指導する立場の人間が、授業中(公務)に、そのような事を言う、これは決して許される問題ではありませんので、時期を見て、主任教授、学務、歯学部長に話したいと思っています。

     

    私が母校に望むことは、名物教授の存在です。

    私が学生の頃は、例えば口腔外科では千野武広先生、待田順治先生、補綴では橋本京一先生、保存では安田英一先生、障がい者歯科では笠原浩先生、矯正歯科では出口敏雄先生などなど、日本でも指折りの教授がたくさんおみえになりました。

    今でも宇田川先生のように世界で活躍されている先生はいらっしゃいますが、「○○教授の○○を勉強したいから松本歯科大学に入りたい」という学生が増えてくれれば、学生のレベルももっともっと上がり、国試合格率も自然とアップするのではないかなと思います。

    納村先生時代の日大矯正歯科は凄かったなあ、、。

     

     

     

  • 矯正装置とMRI

    「矯正装置が入っているとMRIが撮れないから、矯正装置を外してくるように」と言われて、MRIを撮影して貰えないことがあります。

     

    放射線科の医師・技師さんが矯正装置を外せと言う理由は2つ、

    1. 金属にMRIが当たると発熱して火傷する
    2. アーチファクトで画像診断が出来ない

    です。

     

    私からのコメントは、

    1. 火傷の心配はありません
    2. アーチファクトに関しては、撮影部位が頭部や顎関節であっても、撮影条件を工夫して頂ければ、矯正装置が入っていても問題のないMRI画像を得ることが可能なことがあります
    3. 腹部や足のMRIを撮影するのに矯正装置を外す必要はありませんので、通常通り撮影して頂いて全く問題ありません

     

    矯正治療に使われる金属の殆どは、コバルト、クロム、ニッケルを主体とする合金で、ものによっては、チタン、モリブデン等が含まれております。

    MRIは磁気共鳴を利用したものですので、矯正のワイヤーやブラケットがアーチファクトを起こす原因となります。

     

    ところが、撮影条件を工夫すれば、矯正装置が入ったままでも顎関節、上顎洞、海馬なども全く問題ない画像が得られています。

    僭越ですが、アーチファクトで撮れないという場合は、以下の撮影条件で撮って頂ければ、撮れることがあると思いますので、御参考にして頂ければ幸いです。

    1. 最低条件として 1.5テスラで撮影する。3テスラでは、アーチファクトが著しくて撮れません。但し、最近は1.5テスラマシンが多く、それで撮れないという場合は、以下を調整してください。
    2. BW値を上げる
    3. ピクセルまたはボクセルサイズを小さくする
    4. 脂肪抑制を併用しない
    5. シムボリュームを頭部全体ではなく影響のない場所に置き、調整を行う

    です。

    大体は 5のシムボリュームを調整して頂ければ、2〜4はいじらなくても撮れることが多いようです。

     

    じつは、「入れ歯や矯正装置が入っているとMRIが撮れない」というのは、昔から殆どの病院で言われており、MRIを撮る際に、矯正装置を外して来るように言われて、全ての患者さんが撮影して貰えませんでした。

    矯正装置を外さないとMRIが撮れないと言われると、困るのは患者さんですので、私はその都度、放射線科の医師・技師さんと撮影条件についてお話しをさせて頂く、ということを長年続けて来た結果、今では長野県内の殆どの病院で問題なくMRIを撮影して頂いています。

     

    ーーー

    上記は 2021年3月にアップした内容ですが、誤解されている方がいらっしゃいましたので、少し修正させて頂きました。

    基本的には、MRI撮影のために矯正装置を除去する必要は無いと考えますが、「絶対外しません」ということでもありませんので、お困りの場合には御相談ください。

     

  • 2020/06/19

    ネットへの誹謗中傷

    以下のブログは、2019年9月にアップしたもので、一旦非公開としておりましたが、最近でもGoogleにクダラナイ書き込みをする人がいるので、一部加筆修正し、再度公開することにしました。

    思い当たる方は、よく読んで、自分のやっていることをよく考えてみてください。

     

    ーーーーーーー

     

    皆さん、食事に行く時や、ホテルを探す時など、Google mapで目的地近辺をサーチして行かれる方が多いのではないでしょうか。

    Googleから得られる施設情報は、グルメサイトや宿泊予約サイトに比べて写真点数が多くて参考になるのと、海外でも情報が得られるので、自分もよく利用しています。

     

    ひろ矯正歯科をGoogleで調べると、他の施設同様、いろいろ書き込みがあります。

    口コミサイトの中には、悪口を同業他社が書き込んでいるものもありますので、今までは何を書かれようが無視してきましたが、私の患者さんが事実と異なる酷い誹謗中傷を長々と、まことしやかに書き込んだ事例がありましたので、調査を行った上で弁護士に相談しました。

     

    先生は、事実なら仕方が無いが、事実でないならば酷すぎるので、損害賠償請求・慰謝料請求をしましょう(約 200万円)とのことで、まずは先生の指示どおり、本人の家に電話し、お父さんに事情を話しました。

    すると、お父さんはすぐに本人に連絡してくださり、即刻、投稿は削除され、その直後、ご両親は医院まで来てくださり、ただ平謝り。

     

    数日後、お父さんが本人を連れて謝罪のために来てくださったので、私はレントゲンを見せて、「カッパのような口元」は、非抜歯治療が原因ではないという事を説明して誤解は解けましたが、 Googleへの掲載期間 3ヶ月、閲覧数 800人、ネット風評というものはシェア、フォロー、リツイート等々で爆発的に拡散してゆくものです。

    私には守らないといけない患者さんが数千名、守らないといけないスタッフや家族もいます。

    30年近くかけて積み上げてきた ひろ矯正歯科の信用と実績が無になってから名誉毀損で法廷で争ったところで手遅れ、取り返しがつきません。

    先生は、訴訟は起こさないにしても、「書き込みを削除しました、すみませんでした」では済まされることではない、最低限、その書き込みに対する説明を掲載して貰ったほうが良いでしょう、と御指導いただき、その掲載内容と、事実関係を公開するに至りました。(内容は文末に記しますので、興味ある方はお読みください。)

     

    私は歯科医師免許を下附されてから今まで、お金のことは一切考えず、患者さんの治療の事だけを考えて、一生懸命、歯科矯正学に真剣に取り組んできました。

    ひろ矯正歯科がネット上でいろんな誹謗中傷を書かれていることは知っています。

    下に示す「あい」なる人間の書き込みは、事実無根で、極めて悪質な業務妨害の例です。

    私の事を可能な限り侮辱して書いているつもりでしょうが、セカンドオピニオンで来て、治療もしていないのに、なぜ治療技術が最悪だとかわかるのでしょうか。

     

    本当に受診した患者さんで、不愉快な思いをした等、言いたいことがあれば、直接言えば良いことで、直接言えないなら、メールで送る事も出来る筈です。

    ひろ矯正歯科のHPには、「皆さんの声」を書き込むところも設けてあり、実名で投稿頂いた患者さんには、至らぬところは謝罪し、来院された時にも真摯に謝罪しています。

     

    一時期、食べログが問題になりましたが、相手の住所や連絡先などが公開されているところに、自分の正体を明かさずに誹謗中傷を書くというのは、最も卑怯で、最も卑劣な行為だと思います。

    夜中に覆面を被って、他人の車に傷をつけるのと同じくらい卑劣な行為です。

     

     

    この「あい」は、本人特定のために調査し、個人を特定出来ました。

     

     

    毎年、ネット虐めで不登校になったり、自殺したりする子供達がたくさんいます。

    ネットに悪口を書いて喜んでいるあなた、あなたがもし、自分の住所氏名顔写真などを公開され、「コイツは精神異常者だ」、「コイツは変態性欲者だ」、「コイツはエイズだ」等々書かれて、それが拡散したらどうしますか?

    事実と異なることをネットで拡散する、これは立派な犯罪であり、しかも匿名でやるのは卑劣極まりない行為です。

     

    歯科に限らず、同業他社の悪口を書いて足を引っ張ろうとする心病んだ大馬鹿者がいます。

    負けて悔しいなら、相手の邪魔をするのではなく、自分の力で相手を追い越すように努力すれば良いだけの話です。

    事業所名や住所、電話番号、代表者氏名などが公開されているところに、事実と異なる誹謗中傷を書き込むという事は、名誉毀損、業務妨害といった刑法犯に属しますので、私は調査依頼し、書き込んだ者が特定出来次第、徹底的に闘います。
    やっている本人は、誰かわからないと思っているでしょうが、あおり殴打事件のガラケー女と間違われた Aさんの件を見てください。拡散した者や、リツイートした者までもが特定されています。

    こういった行為は、刑法犯ですから、警察が動きます。

    ある日突然、警察があなたの家にやって来るかも知れません。

    成人していれば、顔写真、氏名が新聞などに公開されるかも知れません。

    あるいは、ある日突然、訴状が届くかも知れません。

    それでも事実と異なる悪口を書きたければ、覚悟の上で書いてください。

    私個人が標的にされるならまだしも、何も関係ない他の人に迷惑をかけるような卑劣な行為は放置するわけにはいきません。

     

    書いている人の中には、「誹謗中傷ではない、これを読んで考えて頂きたいのです」と主張する人もいますが、自分が正しいと思うなら、HNではなくて、本名で投稿するとか、あるいは、来院時に直接言う、それができないなら、ひろ矯正歯科の「皆さんの声」に投稿するなど、方法はいくらでもある筈です。

    すでに記したとおり、実名で投稿頂いた患者さんには、至らぬところは謝罪し、来院された時にも真摯に謝罪しています。

    「これを読んで考え頂きたい」など、何を勘違いしているのでしょうか?

    少なくとも、このような卑劣な人間に「星1つ」などと評価される筋合いはありません。

    こうゆうことをする人間こそが「星1つ」だと思います。

    こういった卑劣なことをする人とは、今後一切のお付き合いを遠慮させて頂きます。

    はっきりと書きます。

    来られても信頼関係が崩壊している患者さんとは診療が出来ませんので、他の医院にいってください。

     

    世界屈指の頭脳集団である筈の Googleが、なぜこんなクダラナイ ネット犯罪の片棒担ぎをするのか理解出来ません。

    口コミが必要だと考えるなら、実名のみ受け付けるようにすれば良いのです。

    そうすれば、みんな自分の書き込みに責任を持つでしょう。

    さらに、Googleはユーザーアカウントがわかっているのですから、すでにある書き込みは全て、予告無しで実名公開に変更すれば良いのです。

    そうすれば、嘘の情報を流した者は青くなって、すぐに書き込みを削除する筈です。

     

    HNでいろんなお店の写真をアップして、コメントを書いて、Googleでアップグレードを目指すなどとクダラナイことに一生懸命になっていないで、自分の人間性をアップする努力をしたらどうでしょうか。

    私はいくら不愉快な思いをしても、こうゆう卑劣なことをするほど心病んではいません。

     

    以下にKAさんの書き込みと、それに対する説明文を記します。

     

     

     

    解説:

    1. この患者さん(以下KAさんと記します)を非抜歯で行ったのは、治療開始時の年齢や凸凹の状態、臼歯関係などから、Headgearが奏効すれば非抜歯で十分に治療が出来ると診断したために、非抜歯で治療しました。
    2. KAさんは、治療によって口元が異常に突出したと記していますが、治療終了時のレントゲン分析から、治療終了時の上下の前歯は前突していないことが証明出来ています(下図参照)。
    3. 「カッパのような口元」、「上顎が異常に突出した」のは、治療終了後に下顎の成長が起こり、下顎の前歯が上顎前歯を唇側に傾斜させたためであり、KAさんの言うように「治療によって上下の歯全体が突出した」のではありません(下図参照)。
    4. これらは治療前後の側貌頭部X線規格写真分析から証明されています。
    5. 矯正歯科治療の目的は、患者のデータを全てポリゴン表の標準偏差内に持ってくる事では無く、その患者さんの骨格にあった治療をすることです。抜歯・非抜歯の判断は、レントゲン分析や模型分析だけではなく、その患者さんの骨の位置・大きさ・幅、上下顎が咬合したときの前後的関係、上顎および下顎の垂直的位置、臼歯関係、犬歯関係、歯の近遠心的・頬舌的傾斜、前歯の位置や傾斜、Overjet、Overbite、歯根の長さや弯曲状態、骨の厚さ、鼻の高さ、唇の厚さ、頤の出具合などに加えて、Growth spurtはいつであるか、遺伝的要素はどうであるか、なども考慮して最終的に判断しなければなりません。矯正歯科で用いる標準偏差図表は、患者さんのデータが平均値・標準偏差と比べてどのようになっているかを知り、上記のさまざまな要素を考慮して抜歯・非抜歯を決めるのであり、標準偏差内に持ってくる事、平均値に持ってくる事が矯正治療の目標ではありません。臨検の血液検査などは異常値があれば病気であり、正常範囲内に持ってくる事が望ましいですが、矯正歯科は血液検査とは違うのです。
    6. KAさんは、私が失敗したと記していますが、1~4のとおり、矯正治療を失敗したのではありません。現在の口腔内の状態は、歯肉、歯槽骨ともに非常に健康な状態を保っています。
    7. 現在の下顎の大きい状態で小臼歯を抜歯して治療すると、上顎前歯の傾斜角は標準偏差に持ってくる事が出来ますが、下顎骨体の大きさ、頤の位置は変わらないために、@@@@@は@@@@が@@して目立った状態となり、@@@@@@@@のような@@@になることが予想されます。
    8. さらに、現在の状態で@@@@を行えば、現在の健康な歯肉・歯槽骨は@@@、下顎前歯部の歯肉は@@@、下顎の前歯は@@@@@@@@@@@と呼ばれる@@@@@になることが予想されます。(現在治療中の医療機関への影響を避けるため、内容は伏せて@で表示してあります。)
    9. 実際にかかった費用は766,159円であり、100万もかかっていません。
    10. 2016年にお父様と来院された際に、抜歯して再治療をするとどうなるか、側貌予測などを見せた上で、それでも抜歯して再治療を希望されるならば、そのようにすることは可能であること、再治療の料金は頂かないということを説明しました。その際、私の説明を理解したお父様は、抜歯して再治療はしない方が良い、このままで良いと仰っていましたが、その時、KAさんは父親に大声で喰ってかかったことが記録されています。その時はもう一度再考するという事で帰宅されています。その際には私はキレる理由はなく、「お大事にどうぞ」と言って見送っています。
    11. その1ヶ月後、リテーナーは他医で除去してきたが、出来ればもう一度付けて欲しいと希望されましたので、技工料などは一切頂かずに対応しました。
    12. その後もKAさんは他医を受診し続け、上記から半年後、某大学の矯正歯科で診断した結果、上顎前突と診断され、4本抜歯で治療する事となったので、再装着したリテーナーを再々度除去して欲しいと来院されたので、希望どおり対応しました。
    13. その際、治療開始時からのレントゲン、口腔内写真、診断用模型等の全ての資料を複製してお渡しし、複製料などは一切頂いていません。
    14. 転院の紹介状の封をしなかったのは、私の知らないところで受付が勝手にそのようにしていたことで、他の患者さんにも封をせずに手渡ししていたようです。これは受付の非常識で、今回の書き込みがある前に厳重注意してあり、現在改善済みです。
    15. 事実は上記の説明のとおりであり、キレた態度は取っていません。キレる理由がありませんし、キレたところで損をするのは私自身であり、永年築いてきた信用を損なうことになります。お父様の前でキレれば、お父様は黙っていないと思います。
    16. 私からの返答は以上で、これらには嘘や偽りは何一つありません。

     

     

     

    左が治療前、右が治療後、レントゲントレースの下の方眼紙に書いてあるのは、プロフィログラムというもので、青が同年代の平均的な横顔、黒が治療前の状態、赤が治療後の状態です。治療前後のプロフィログラムでは、いずれも下顎が若干大きいですが、治療後のプロフィログラムでは、上顎の歯は突出してはおらず、平均的な横顔の範囲におさまっており、治療は問題ないことがわかります。

     

    これはKAさんを攻撃するためにアップしているのではありません。

    計り知れない拡散への対応策と、ネット犯罪撲滅のためにアップしております。

     

1 2 3 4
to top