menu
MENU

院長日誌

  • 2002/06/20

    Journal of Lingual Orthodontics に論文掲載完了!

    2002. 6. 20. Journal of Lingual Orthodontics に、わたくしの論文が掲載されました。
     
    世間には、いまだに舌側矯正は「ちゃんと治らない」とか、「治療期間が長い」とか言っている先生がいますが、出来ない先生には勝手に言わせておきましょう。
     
    舌側矯正は今や次世代に突入しています。
    わたくしは1996年頃からDr.Takemoto、Dr.ScuzzoとともにLingual Straight Wire Applianceによる治療を行っております。
    現在この“最新兵器”は、まだ市場に出回っていないので一般の方には入手は不可能ですが、もう少しで発売されます。
     
    そこでこの“最新兵器”を使いこなすために、いや、あの1970年代のAmericaにおけるBottomed outを繰り返さないために、“Six keys to success in Lingual Straight Wire Appliance”と題して、成功するための注意事項を、症例をまじえてArticleにしました。
     
    全て英文ですが、御覧になりたい方は、European Society of Lingual Orthodontics の Journal of Lingual Orthodontics, Volume 2, Number 2, page 29-47です。
     
    御参照下さい。
     

     

  • 2001/10/22

    “Hiro System”のTechinical Instruction Seminar開催!

    私の考案したボンディング・システムについて、もっと詳しく知りたいという要望が多く、Ormco Japan のバックアップを得て、東京の全共連ビルに於いて One day Seminar を開催しました。
     

     
    セミナーでは、シリコントレーを使った従来法との比較、TRAG、CLASSの説明とともに、Hiro System の Advantage について説明しました。
     
    また、最新の material を使った Lab. work について紹介し、成功への Key point等を詳細に説明するとともに、実際に口腔内にボンディングを行う手順をビデオにて紹介しました。
     
    日本矯正歯科学会が終わったばかりで、先生方皆様お忙しいはずですのに、北は北海道から南は鹿児島まで、私などよりずっと矯正のキャリアが長い大先輩の先生からアメリカ帰りの先生まで、総勢100名近い先生方が参加して下さいました。
     
    皆様、遠いところ、本当にお疲れさまでした。

  • 2001/03/20

    イタリアの歯科雑誌に論文掲載!

    私の考案した新しいボンディング・システムを Dr.Takemoto, Dr.Scuzzoらがmodifyし、bracketが脱離した際にも再接着出来るように改良しました。
     
    このことがイタリアの歯科雑誌 Ortodonzia Tecnica No.1, page24-27 に掲載されました。
     
    Authorは、DT.Stefano Della Vecchia, Dr.K.Takemoto, Dr.G.Scuzzo, Dr.N.Cirulliと私です。
     

     

     
    ヨーロッパにおいても、舌側矯正の拡大とともに、新しいボンディング方法が急速に拡大しつつあります。

1 40 41 42 43 44
to top